鉄コレ東武5700系N化グレードアップ

鉄コレN化東武5700のグレードアップ前
 
 N化した鉄コレ東武5700系ですが、やはりK社カプラーでは何か抜けているのであります。
気になってはいましたが、いろんな用事があって中々じっくりとグレードアップが出来ませんでした。
T社TNカプラー密自連形
T社TNカプラー密自連形反対部

 ただ、この鉄コレ5700系をTNカプラー化していらっしゃるサイト様は、一体どうやって取り付けたのか
詳細記事が中々ないのも、やる切欠が付かなかった原因でもあります。
TNカプラーを分解

 もう、試行錯誤でTNカプラー化を行ってみました。
まずは、鉄コレ5700系は19m車という特殊なスケールであり、この構造から台車が車端部に寄っている
関係から、車輪がTNカプラーにあたってしまうのと、今度は台車の上下運動も損なわれてしまうという
無理難題が山積状態。
TNカプラーシャーシ部分

 じっくりTNカプラーの構造を覗いていました所、カプラーシャーシ部分の前面部が意外と強度がある事と、
バネを引っ掛ける部を残し、TNカプラーとしてもチャンと性能が保てる方法を見つけたのであります。
 まずは、TNカプラーはカプラー収納部とその蓋部分にカプラーの3分割にします。
TNカプラーシャーシの車輪干渉部分をカット

カーブ通過の際の最小限度に台車車輪がTNカプラーの当たる部分を写真のように
よく切れるホビー用ニッパーやカッターで写真のようにカットし、また元通り組み立てます。
改造しないとカーブが曲がらない
改造後は台車左右可動OK

 写真にはないですが問題のTNカプラーに上下方向で台車車輪が当たる部分をよく切れるカッターでカットし、
シャーシ車体純正取り付け部に取り付ければ、完成であります。(シャーシの台車取り付け部分をよーく見て
ください。台車車輪がシャーシに当たらぬようエグれていますよね。ですのでTNカプラーを取り付けた後
車輪が上下運動のストロークを多少なりとも稼げるように、削るのであります。)
鉄コレ東武5700系TNカプラー化完成

 まだまだ、問題があり、TNカプラーがボディー前面に当たるため、ボディー前面部下内側に
TNカプラーが上手くハマるように、よく切れるカッターでボディー前面部下内側を削っておきます。
鉄コレ東武5700系TNカプラー化連結

 そして、後は普通にボディーにシャーシを取り付けまして、TNカプラー化完成であります。

 やはりTNカプラー化すると前面が引き締まっていい感じであります。

これだけでは終わりません。折角TNカプラー化しましたので、実車通りクハにジャンパを取り付けます。
a-modeから販売しているジャンパを3本クハに取り付けてみました。塗装ありですが。
鉄コレクハ700にジャンパー栓を取り付け

 オオー!グッとくるリアル感であります。ただし、TNカプラー可動部も考慮してでの取り付けであるため、
少し外めではありますが、良いですね。
ジャンパー栓取り付けとTNカプラー

取りあえずクハ1両だけジャンパを取り付けて見まして、TNカプラー化は6両全車完了。
パンタグラフ交換

 勿論、パンタグラフもGM製PT43Nに交換済であります。

COMMENT 0