岩手出張の帰りは、はやぶさ号でした。

E5系はやぶさ
 
 私の勤めている会社も8/9~8/17まで夏休みとなります。
子供が小さい頃は、実家に帰ったり旅行したりと何か忙しい感じでありましたが、
現在は子供も大きくなり大学生やら就職したりしていますので、
もう持て余してしまうくらいの長ーい休みが予想されて、休み後の会社が辛くなること
必至であります。
仙台まで各停のはやぶさが2列の窓側が取れた

 職種としては毎日車での日帰り出張が大半を占めていますが、
さすがに岩手は、鉄道利用での出張(密かに何だかそわそわしたりしますが)でありました。
 考えてみれば、岩手の一ノ関までは、往きのはやて号E2系1000番台で約2時間弱で着きます。
新幹線て早いですが、その分高いの何のであります。どうせ会社出張ですから会社もちですがね。
一ノ関構内の大船渡線用車庫

 そしてクタクタに疲れて、帰りはもうはやぶさが一ノ関に停車する時間の新幹線で帰路となりました。
 一ノ関の新幹線ホームからは、大船渡線の車庫を見ることが出来ますが、
何だかノンビリしている雰囲気があり、Nゲージのジオラマ的でもあります。

 そしてやって来ましたE5系!例によってスマホでパチリで構えていた所、
一眼レフで構えた女子鉄の撮り鉄の迫力に圧倒されて、こんなに接近した構図となってしまいました。
E5系普通車車内

 やはり、E5系はシートピッチが広く、ワンボタンで座面&背もたれが調節出来、
ヘッドレストの高さも可変し、とにかく揺れないので普通車でも快適そのもであります。
平泉うにごはん
平泉うにごはん弁当

 もうこれは、仕事も直帰であり終わった解放感から、美味しい弁当にビールを飲まない訳にはいきません。
写真はビールだけですが、この後ハイボールのおかわりがあったのは言うまでもありません。
 だがしかし、酔いが回ってきて眠くなるころに大宮に着くとは、
やはり、快適になった座席で飲むより、せめてビュッフェ的な空間で味わいたいものであります。

 さて、夏休みはどう過ごそうか?考えているうちに夏休みが終わったりしますがね。

COMMENT 0