東武鉄道5700系鉄コレ

東武5700系鉄コレをN化
 
 どうして次から次へと、こう私の年代を揺さぶる鉄コレが出るのでしょうか。
これも早期から予約をしていました、東武鉄道5700系であります。

 私が初めて乗車したのは、やはり臨時快速たびじや、快速急行おじかでありました。
吊掛けの割には乗り心地がよく、転換クロスシートと相まって旅気分満喫でありましたが、
高速走行時の騒音は物凄かったことを思い出します。

 良い表現ではムーディーな室内電灯、悪い表現では暗かった車内でした。
しかし、1991年頃までこのような渋いレトロ電車が残っていたこと自体が不思議で、
見かける度に注目度満点な車両であったことは間違いなかったのではないでしょうか。

 さて、鉄コレの東武5700晩年型ですが、やはり鉄コレですし、
無理な改造は今回はやめておくことにしました。
鉄コレ東武5700系連結器

 まずはこの鉄コレ5700系は、どうやってもTNカプラーは装着出来ず、
TNカプラーを改造する腕や自信も無いため、KATOカプラーをアーノルトポケットに
装着する方法を先頭車に。
 中間車は西武551系に採用した密連形KATOカプラーを同じくアーノルトポケットに
装着しました。
鉄コレ東武5700系中間

 鉄コレN化パーツは、アーノルトカプラーでGM製やKATO製に似ているものの、
独自の形をしており、トミックス製のアーノルトポケット装着用は、うまい具合に
取りつかず、
 KATO製でしたらバネを装着することにより、何とか小改造で時間を掛けずにN化が
出来ました。
東武鉄道5700系フル編成6両

 まあ、先頭車に採用したKATOカプラーが密自連ににているものの、見た目が大きく
ジャンパや排障器装着や、パンタグラフも集電部分の外曲げ部分が1本だった記憶など、
暇みて考えて改良していきたいものであります。

 今回は6両編成での運転も考えて3セットを購入しました。

COMMENT 2

旭屋  2014, 07. 13 [Sun] 18:54

亀次郎さん、ご無沙汰しております。旭屋です。
関西人の私にとって東武は遠い世界ですがDRCを始め6000系や5700系のような渋い車両が多くて気になる存在でした。
特に5700系は色と言いデザインと言い何となく関西の車両っぽい雰囲気で好きな車両です。
Nゲージでは長い間製品に恵まれませんでしたがこの鉄コレはよく出来てますね。
6連で疾走する光景も見てみたいです。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2014, 07. 13 [Sun] 23:53

Re:

 旭屋さん、こちらこそブログでのお友達のルーツである旭屋さんに
コメント頂き嬉しい限りでございます。
 確かに関東では見られない形であり、小田急も私が小さい頃は渋い車両が存在しましたが、
関東の私鉄の大部分は次世代の車両に代わっていく中、東武は7800系が暫く主力車両で残り、
アコモ改造が得意なことが、このような渋い車両がいつまでも優等列車に残ったのでしょうね。
 日光線の急坂をフルノッチで轟く吊掛けサウンドが、また、たまりませんね。

Edit | Reply |