故郷とヘッドマーク

故郷の風景
 
 さて6月に入って関東地方も梅雨入りとなったと思ったら、
この数日の大雨にビックリであります。
 仕事がキツイ分、休日は家でゴロゴロ過ごすことが多くなってきました。

このようであると一日中パソコンばっかり覗いてしまうこともありますが、
記事にしていなかった写真が出てきました。

 5月の長い休み中に、妻の実家に行きましたが、
この妻の故郷は、今でも何ともノスタルジックなのであります。
何気なく撮った風景ですが、何だか懐かしくて涙が出てくる風景なのであります。
E531系にヘッドマークが

  妻の実家に行った序に常磐線や湊線の旅をしてきた記事も書きましたが、
勝田駅で謎のヘッドマークを付けたE531系が、引込線に停車しており、
コンデジ性能一杯に撮った写真で何だか動物の絵が描かれていることだけが
わかるこの謎のヘッドマークは、
「臨時快速ひまつり号」という、友部・笠間間のみ運行の臨時列車だったそうで、

 実家からは車で行ける「笠間陶炎祭」も、駐車場に入るだけで大変な思いをしたことがあり、
このような臨時列車があると初めて知りました。

 お盆にもまた妻の実家に行く予定ですので、
いつまでもこの風景に出会えるよう願うばかりであります。

COMMENT 0