HOゲージの所有車両

 鉄道模型は支線建設などでのNゲージを中心に行ってきましたが、
暫く動かしていないのがHOゲージであります。

 HOゲージはNゲージメーカから出ているプラ車体であれば手頃な価格であるため
手に入りやすいのですが、
老舗HOゲージ専門メーカのブラスモデルとなると、チョットした宝石並の価格となり
中々購入できませんね。
京急2100と旧1000はカツミ製

  所有のHO車両もブラスモデルはカツミ製の京急2100形8両と旧1000形白幕車を
貯金とローンで数年前に購入しましたが、もうブラスモデルなんて買えません。
キハ110はプラ車体に金属シャーシのエンドウ製

 車体がプラ成型でシャーシが金属のエンドウ製キハ110系2両を皮切りに
室内灯白色LED化を昨年行いました。
モデモ製373系

 HOゲージを初めて購入したのが、モデモ製の373系3両であります。
形はソコソコですが、プラモデル並の薄い弱々しい車体は、最近老朽化が進んでいます。
KATO製EF65と20系

 Nゲージメーカのオールプラ成型のEF65形と20系5両。
KATO製165系

 同じくKATO製の165系4両。
KATO製DD51・スハ43・スハフ42

 同じくKATO製のDD51形とスハ43とスハフ42がHOゲージの所有車両であります。

とまあ、車両を増備する計画はなく、Nゲージのように線路を改良しようと、
少しずつ線路やポイントを購入し始めています。

 しかし、いざ始めようとしていた所、会社からベトナム出張の話がやってきてしまいました。

ということで、しばらくブログは更新できませんので、ご了承願います。

COMMENT 0