鉄道博物館(大宮)

鉄博181系
 
 さいたま市に住んでいながら最近は鉄博に行ってないなあ。
行ったのは2年前かなあって思ったりや、親戚が年間フリーパスで行っていて、
いろんな新しい情報が入る中、
相方といっしょに久しぶりに行って来ました。
Teppa倶楽部会員証

 まずは、さいたま市ですぐ近くだから行こうと思えば行けるように
年間フリーパスとなる「Teppa倶楽部」に入会しました。
鉄博プロムナード

 一般入場料は¥1,000ですが、Teppa倶楽部入会費は¥3,000です。
3回行けば元が取れるということであり、当日の途中退館して、
館内の混雑して割高な食事や駅弁より、自由に予算を安い食事をゆっくりして、
また再入場も出来ますし、相方共々入会ということになりました。
鉄博の展示車両達

 さて、Teppa倶楽部会員証を専用フロントにて預けて、会員用カードにて入場、
退館は、専用フロントにて会員用カード返却でTeppa倶楽部会員証が手に戻って来るシステム。
最初にお馴染みの全景をスマホで撮影し、変わったというジオラマ鉄道模型を見学しました。
鉄博ジオラマ

 演出もお馴染みの夜明けから通勤時間と昼間の新幹線に夜は夜行と思いきや、
今のご時世で、特急だったり、金太郎牽引の貨物の踏切トラブルの演出に
私鉄の京急2100形までJR車両以外も運転したりして、凝った演出も違っていました。
鉄博ジオラマE7系脱線

 走行車両説明も大きくプロジェクタの写真で説明したり、スポットライトを当てたりして、
大変わかりやすくなっていたのも驚きであります。
 トラブルの演出が現実となっていたことを運転会が終わったあとに発見。
E7系が脱線するトラブルがサプライズでありましたね。
鉄博ナハネフ22形

 この後は展示車両が一部開放されるようになり、20系客車ナハネフ22形の展望室に入れたのです。
感激であります。
鉄博ナハネフ22形展望部

 その他展示車両は懐かしい形式が次から次へとゆっくり見たのも久しぶりであります。
座席に座るだけでも蘇って来る青春時代の話に、相方も鉄のノスタルジックに浸ってくれました。
鉄博101系

 その他、黄色の服を着ている年配は説明員もいらっしゃったりで、
進化していることは確かであります。
鉄博457系

 さて、グッツ販売コーナはチョット狭く、ベビーカーが入って来ると身動きできないので、
チョット見たらすぐ出て、お腹が空いてきました。
鉄博EF66形

 きっと高いだろうと日本食堂のメニューを見るとさほど値段ではないですので、
入ったこともないしここで昼食にしました。
鉄博日本食堂ハチクマライスと醤油ラーメンの紅茶セット

 私は、食堂車内まかないのハチクマライスと、相方は醤油ラーメンであります。
まあ、駅弁よりは安く温かいですし、何といっても窓越しに本物の電車が走っているのを
見ながら食事出来るというのが価値であることがわかりましたね。
鉄博日本食堂からの眺め

 といっても、埼京線・川越線と高崎線ですので、
同じような車両ばっかりが玉にきずですね。
まあ、たまーに貨物やまれに特急や臨時が通るのでこれに遭遇すれば価値も上がりますがね。
交通博物館からお馴染み167系なかよし

 ということで年間パスポートに入ったので、じっくりゆっくり見たいので、
他のコーナーや展示物は次回また行った時に記事にしたいとおもっております。
今年は本館リニューアルや別棟も出来るそうで楽しみもありまして、
やっぱりじっくりみると見応えがあります。
 

COMMENT 2

oomori  2018, 01. 22 [Mon] 16:59

鉄博

年間フリーパスですか、欲しいけど、数年に1回しか行かないからなあ。
D51シミュレータは、またやってみたいですが、開館前に並ばないと整理券が入手できないので、結構大変ですね。
年間フリーパス持っていると優先的に出来たりしないのかな?(笑)

Edit | Reply | 

亀次郎2  2018, 01. 23 [Tue] 23:18

Re: 鉄博

oomoriさん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
私も嘗ては1年に1回ぐらいしか行かないと思っていましたが、
極端なお話ですが、1日3回入出館が出来ることを考えれば、あのスケールでは
妥当な価格かなと思いましたし、1年中気軽に行けることも考慮した結果であります。

Edit | Reply |