FC2ブログ

KATO製101系鶴見線を購入しました。

KATO101系鶴見線クモハ側
 前から気になっていたのがこの鶴見線時代の101系カナリアイエローであります。
こうやって気になっているがどうしようかなあって・・・言っている間に売り切れてしまうパターンもありますが、
お馴染みの通販サイトに運よくあった為、3両編成の手軽さで購入した次第であります。
KATO製101系鶴見線クモハ・モハ車間

 秩父鉄道と変わらないじゃないといっても、国鉄時代のオリジナルな姿は全然貫禄がありますし、
何といっても73形とのコラボが楽しみなのであります。
KATO製101系鶴見線クハ側

 鶴見線101系はクモハ側に行先が表示され、クハ側は鶴見線表示となっていて、
取付済みは鶴見・扇町となっております。
付属は行先と行路番号にクモハのジャンパ栓でして、赤色の扇町より緑の海芝浦が私の好みなので交換し、
ジャンパ栓も連結面ではないのでホースタイプを取り付けて、オプションの室内灯も例によって取付をいたしました。

 この冬は寒いです。こたつの上で試運転できる最小限オーバルにての線路を組み、
早速スケール速度で試運転であります。
唸っていますが、走行には問題なさそうですし、「鉄道模型です!」鶴見線的なスケール速度でしか走らせませんので、
これで充分であります。
KATO製101系とTOMIX製73形鶴見線並びクモハ側

 やっぱり101系って懐かしさがこみ上げてきます。やっぱりコラボしなければと取り出しました!
数年前に購入したTOMIX製73・72形全金属車も一緒にしないとであります。
黄色と茶色ってどっかで見たことがあるカラーリングですが、この2色はバナナチョコ的からして合います。

 この時代の鶴見線に拘る理由は、実際にこの時代に乗車したことだあるのでありまして、
国鉄時代の昭和55年に鶴見線フリーきっぷを購入して鶴見線コンプリートをしました。
昭和55年頃国鉄鶴見線フリーきっぷ表側
昭和55年国鉄鶴見線フリーきっぷ裏側

 当時は鶴見にもやって来ましたが、武蔵白石・大川間で乗車した、
これはクモハ12形も購入したくなってきました。

COMMENT 2

南栗橋車両管理区荒川支所  2017, 12. 29 [Fri] 21:29

お晩でございます

101系
鶴見線よりも総武緩行線のイメージが強いです

まれに10両冷房車を見たときは“ラッキー”な感じでしたね

Edit | Reply | 

亀次郎2  2017, 12. 30 [Sat] 02:10

Re:

南栗橋車両管理区荒川支所さん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
休日は快速が停まらない駅付近に住んでいたこともありまして、
中央・総武緩行線もよく乗りました。冷房車なんて末期の頃ですね。
赤羽線もカナリヤイエローでしたような。
私の頃は扇風機がうるさく回り、窓全開のイメージです。
余生を送る鶴見線は出しても50出してかどうかの鈍足ですが、
独特のモータ音が忘れられません。

Edit | Reply |