FC2ブログ

赤羽から赤羽まで路線バス旅

赤羽駅東口関東バス高円寺駅行き
 
 乗りたかったバス路線がありまして行って来ました。相方も付き合ってくれました。
偶にこの路線は乗りたくなるのは、赤31系統の赤羽駅東口から高円寺駅行でありますね。
もうデータイムに近いこの時間は1時間当たり約3本であります。
環七を進む関東バス

 懐かしいなあ関東バス!小学校3年ぐらいまで中央線沿線に住んでいまして、
半世紀近くなってもこの赤のカラーリングは変わりませんね。
関東バス高円寺駅行き野方駅バス停

 この路線は国際興業バスと共同運行路線でありまして、運よく関東バスの車両に乗車出来ました。
しかもかぶりつき席にいいおじさんとおばさんが陣取れましたよ。
高円寺駅と関東バス

 土曜日の環七通りは平日には考えられない程交通量が少なく、カンナナイケイケドンドン状態。
しかしながら赤羽発車から小刻みに停留所を停まって行き、席はほぼうまって立ち席が数人まで乗車していました。
定時で高円寺駅北口に到着しました。
荻窪駅北口とバスロータリー

 高円寺駅は純情商店街で有名でありますが、チョット覗いた程度で次の目的路線の
荻窪駅へは鉄道で移動であります。
関東バス立教女学院行

 荻窪駅北口からは、ある事情で子供の頃に通学で利用した路線に乗車であります。
勿論関東バスの荻40系統の立教女学院行。当時は子供は15円だったかなあ・・・・?
 チョット小ぶりなバスでありますが、バス乗り場目の前の富士そばで腹ごしらえして、
次のバスに乗車であります。ここも昼間は1時間に3本であります。

 青梅街道の左車線は駐車している車やら、最近は危なくないのか自転車レーンもあり、
東京都内幹線道路ってなんだか怖くてスリル満点で、相方もお腹いっぱいで眠るどころか
これもかぶりつき席に座り、乗りバスの楽しさがわかってきたとの事であります。
西荻窪駅北口

 青梅街道から短絡ルートの狭い道路を抜けて西荻窪駅に向かいます。
本当はこの先も狭い通りを循環しながら行く路線で、しかも通学に乗ったことがある区間も
見たかったのでありますが、西荻窪駅で降車であります。
西荻窪駅から大泉学園駅行き西武バスに乗車

 すっかり変わってしまった雰囲気の西荻窪駅界隈でありますが、道の並びは変わりませので、
ただただ懐かしいのであります。そしてここからが一番乗りたかった路線がこの西03系統であります。
西荻窪駅から狭い道路をフル規格の路線バスが通る

 やってきたのは西武バスであります。ここから大泉学園駅南口まで乗車であります。
関東バスとの共同運行のこの路線も、練馬の親戚に行くときによく乗りました。
土曜日の日中は1時間当たり3本走っています。そしてまたかぶりつき席の二人です。

 いきなり一方通行の狭い商店街を通りますが、
路線バスでも有名なほど大型フル規格のバスが、1車線と言えども狭い道路を通るこの路線は、
あの上石神井駅目の前の踏切を渡り、人通りの多い駅前通りを走る光景は、
運転している運転手さんは緊張の連続と気疲れでたまったもんじゃないのでは!?

 路線の道路も次から次へと来まして、すれ違い為広い所で待って譲り合ったりで、
これも私も勿論相方も眠るどころか、都内の道路のバス運転手の腕にビックリでありました。
 
 大泉学園駅南口に到着し、北口駅前ビルにあるミヤマ珈琲にてカフェタイムを致しました。
ジャパンアニメーション発祥の地大泉学園

その前にここはジャパンアニメーション発祥の地だそうで、銀河鉄道999やあしたのジョーなどの像が並ぶ
駅前にこのようなのがあることは初めて知りました。話のネタになりますね。
大泉学園駅にある銀河鉄道999巨大ポスター

 カフェタイムをして路線バスの旅再開であります。
西武バス小型バス

西武バスも西武バスカラーの小型のバスも見かけました。
ここから見慣れた西武バス、しかもここから迷う所でありまして、
埼玉に行くか、安全に都内均一料金区間を行くかでありましたが、
私の会社付近でよく見かける国際興業バスにも乗りたくなって来まして選択したのが、
泉33系統の成増駅南口駅であります。
大泉学園駅北口から西武バス成増駅南口行

 成増に行けば国際興業バスの地盤でありますし、
ここも1時間当たり3本ぐらいあり、相方の事を考え安全路線であります。
成増駅南口到着の西武バス

 ただ大泉学園駅北口から都民農園まで行く通りは中々進まなく渋滞にハマり遅れ気味です。
長久保を通り、和光市に入るとAFN TOKYO 810khzって知っていると思いますが、
米軍放送の送信所を通ると、川越街道に合流し成増駅北口に到着であります。
ここは比較的広い道路であり、渋滞もあったことから相方は殆ど爆睡でありました。
成増駅北口から赤羽駅西口行き国際興業バスに乗車

 成増駅に着く頃は日が傾いてきました、何だかんだで路線バスの旅ってノンビリ旅ですので、時間は過ぎ去って行きます。
国際興業バスの地盤の板橋区に入り、成増駅北口からの乗車は、
会社の近くでも見かけます、赤02系統の北赤羽駅、トンネル経由赤羽駅西口行きであります。
北赤羽駅バス停は国際興業バス

 赤塚の東京大仏をかすめ四葉町、徳丸、大東文化大、志村三丁目から環八通りを走ります。
志村坂下、小豆沢公園と通り、板橋区と北区の区界ならぬ区境という停留所を通り、
埼京線北赤羽駅近くを右折すると、春には桜並木が綺麗なこれぞ北区という通りの
起伏がある通りであります。
トンネルを抜けるとここは赤羽駅西口だった

 トンネル経由というのは赤羽台団地の下を貫いた赤羽駅西口までダイレクトに通した道路であります。
このトンネルを抜けるといきなり終点の赤羽駅西口に到着となりました。
赤羽駅西口に到着路線バスの旅

 鉄道・・・、いやバスの好きなおやじのつぶやきも長ーくつぶやいてしまいましたが、
路線バスの旅も楽しいものであります。
相方も結構楽しかったとのこと。
次回の路線バスも何か特徴のある路線を旅したいものでありますね。
 

COMMENT 0