鉄コレ営団地下鉄銀座線2053編成6両をN化しました。

鉄コレ営団地下鉄銀座線2053編成6両をN化

 4日間の宿泊出張は精神的に疲れた中、やっと土日となりました。
この間父親もだんだん悪くなり、とうとう寝たきりとなってきて、4日前までから比べても進んでしまっていました。
幸い食事は、与えれば食べてくれるので・・・・。ただ誤嚥によるせき込みがひどく、もう最後の入院かなあ・・・?
鉄コレ銀座線N化

 という訳で、土曜日は良い天気であったので、相方と買い物に出かけたり、
日曜日は趣味でもということで、僕の時代の車両の鉄コレ銀座線吊掛け混合編成2053編成6両をN化しました。

 N化と言っても鉄コレのN化は、自分なりに妥協が大切でありますし、
僕の時代のNゲージに比べれば、雲泥の差の精密さでありますので、
私のこの車両のN化パーツは、こんな感じであります。
TM-10R単独走行試験

動力ユニットTM-10Rは取り付ける前に単独で試運転を行い、必要に応じて、
分解調整を行います。今回は一発でOKで分解調整不要でありました。

 今回私の場合は中間車を選んで動力ユニットTM-10Rを取り付けます。
パッケージには、1824形と1360形は動力化は出来ないとの説明書きとなっています。
鉄コレ銀座線1557形1558形N化動力は1558形に

ですので、1558形を選択しましたが、付属の台車枠が左2右2向きとなっており、
泣く泣く、1558形の台車の枠部分を切って取り付けるということに・・・。ここ注意ですよ。

 付属のスペーサはMを使用し、連結器はKATOカプラー密連形グレーにて、
Nゲージ走行用パーツTT-04R付属のアーノルトカプラーポケットに取り付けます。
所謂連結器は台車マウントであります。
鉄コレの中間連結器はKATOカプラー密連形をバネ必須

 アーノルトカプラーポケットに取付の際、バネは再利用して必ず取り付けます。
バネを取り付けないと、走行すると前後微動を起こしたり、遊びによって車両間隔が変わったりを
防止できるのであります。あくまでも個人的な経験上ですがね。
鉄コレの台車転がり抵抗調整と連結器取付

 金属車輪も台車に取付の際は、なるべく回転抵抗が無いように、
台車を微妙に広げたり、金属車輪も間隔を調整して台車に取付完了であります。
鉄コレ銀座線2053形と2054形をN化

 先頭車2053形、2054形は先頭車同士の連結の機会なんてないのでありますが、
そもそも鉄コレのダミーカプラーが貧弱でありまして、どうせの事TNカプラーに変えた方が
何となく顔が引き締まるのであります。
TN化干渉対策は車体内側この部分を削ります

注意点はTNカプラーの角が車体内側で干渉するので、車体内側を削る所であります。
TN化し2053形2054形同士で連結可能

 お陰様でこんなことも実現出来ましたね。

 問題の両運転台吊掛け駆動1824形でありますが、前項で述べた通りKATOカプラー密連形グレーを採用。
鉄コレ銀座線1824形N化でKATOカプラーで妥協中間車だし

これ一台では走行させませんし、意外と密連に電連的デザインなので、ジャンパ髭は妥協すればそれなりであります。
鉄コレ銀座線1360形もN化
鉄コレ銀座線1824形1360形吊掛け車両もN化

 勿論、吊掛け駆動2両は中間車ですので、私方式で1360形も完了。1824形と連結完了です。

 早速、試運転しました。鉄コレ動力ユニットは元々スケール走行でのギヤ比の設計と私は感じますね。

さて、これにて「僕の時代」の鉄コレ大量増備車両のN化が完了しました。
レイアウトデビューまで暫くお待ちください。

COMMENT 0