越後交通富士重工7Eバスに乗車

 この歳になると車で出張し、現場で肉体労働し、また車で帰社。
そして見積書をメール&FAXし、仕様書作成し受注伝票を起こす事務処理。
それに加えて、このような地方への宿泊出張もありで、キッチリ土日祝日は休めるものの、
家に帰れば年寄りの面倒と、
もう精根尽き果てる休みとは言っても、相方の足と目となっての買い物の運転手荷物運搬。

 鉄道趣味がやりたくてもやる元気が起こらないのです。
とは言っても不幸せ的な気持ちには至っていませんことが救いですかね。
直帰は出来ず会社に地方出張からもどり、例の事務処理でキャリーバックガラガラ・・・・。
ああ、疲れましたあ・・・。とは言っても・・・、
事実、息子が偶々休みで出張から帰ってきたこのオヤジを駅まで車で迎えに来てくれました。

 長々とまたまた「疲れた」やら「忙しい」という言葉を発してしまいましたが、
ブログでもこの言葉を発するだけでも、多少のストレスが抜けるのは間違いないかもしれません。
越後交通バス富士重工7Eいすゞは長岡技術科学大学にて

 さて、今回は3/21~3/24まで長岡に宿泊出張でありましたが、
長岡駅前ビジネスホテルに宿泊し、この間は現場(技大)まで越後交通バスで毎日片道30分揺られて来ました。
こんなに路線バスに乗る機会は本当に最近は無かった分、
疲れましたが「乗り鉄」ならぬ「乗りバス」も結構楽しかったかも。

 この路線は昨今の地方路線としては本数があり、ありがたいパターンダイヤであります。
それにしても関東大手のバスとは違って、まだまだ懐かしい型のバスが走っておりますね。
その中で富士重工7Eにいすゞの組み合わせは久しぶりというか、懐かしかったですね。
至る所くたびれてはいますが、板張りの床なんて久しぶりです。

 さて、やっと土日で英気を養う機会が会社のパソコンを持ち込んで仕事がある以上
出来ませんが、
「家にいる」だけでも幸せです。
何をするにも稼がなければなりません。来週もがんばろうかなあ・・・。

COMMENT 0