K社初期ロットDL復活と最新鋭機を購入しました。

K社初期ロットDD51が復活
 
 まだまだやること沢山の鉄道模型ですが、鉄道以外の趣味を最近になって復活したせいで、
ブログもおろそかになっていました。
廃車発生部品から復活のため全ばらしのK社初期DD51

 やること沢山の鉄道模型の中、考えてみればまともに動くDLがないことも気になっていました。
「復活」させたくても古すぎて部品が手に入らず、半分諦めていましたが、
最近は他社製動力ユニット(鉄コレ動力ユニット)などで、
所有のK社旧製品103系の動力を載せかえることが出来まして、
その旧動力ユニットの廃車発生部品を利用することにより、諦めていた初期ロットのDLが復活できたという訳であります。
K社初期DE10が休車20年を経て復活

 それがもう20年前に動かなくなっていましたK社初期ロット品のDD51とDE10が復活であります。
初期ロット品の共通部品を移植して新たな命がふきこまれた感じですが、


 DD51は例によって全部品や廃車発生部品再利用のため一つ一つ清掃を行い、
電気的な接触不良を車輪、ダイキャスト磨きとプラ部品も清掃し、高級グリス塗布で、
買った時より走りが良くなったかもしれません。

 これに対してDE10は、購入当時からまともな走りをしてくれなくその当時でしたので、
泣き寝入りにまだまだ知識とスケール速度なんて考えもつかないまま走行していたら、
短い命となってしまいました。「休車20年」でしたが同じくDD51同様の事を施して何とか走るようにはなりましたが、
アヒルのように「ガーガー」であります。買った当時はギコチナイ走りに対してスムーズとは行かないものの
粗削りではありますが、スケール速度走行が出来るようにはなったという訳でございます。
K社DE10最新鋭動力を流し撮り

 ですがやはりスケール速度走行のための走りを追求したレイアウトに
最新鋭の動力ユニット搭載のDLを走らせたいという気持ちの高ぶりは半端でなく
購入してしまいました。

 K社製DE10耐寒型でありましてスノープロー付き。走りもピカイチでありまして、
この超スロー運転がかのうですので、解放カプラーに変えて入れ換え運用も可能であります。
我が家のDLは国鉄型で復活&購入で3台保有に

 復活&最新鋭動力でのDL3両が我が鉄道模型に遅かりしきではありますが揃いました。

COMMENT 0