KATO製キハ35系4両を購入。懐かしの川越線を・・・。

KATO製キハ35系を4両2016年8月に購入
 
 私の地元と言えば、川越線であります。
今や川越までは埼京線から直通運転となっており、
昔の川越線を知っている人は少なくなっているかと思います。
川越線電車運転開始気動車さよなら記念入場券

 埼京線の車両基地である川越車両センターが南古谷手前に出来たことにより
1985年9月30日に電化したのでありますが、
電化する前はキハ35系気動車がのんびりと走っておりまして、
朝の通勤ラッシュ時は最大7両編成で運転されていた時代を思い出します。
KATO製キハ30

 貨物列車もDE10牽引で走っていた頃でしょうか。
タブレット閉塞での交換待ちがやたらとあって、
大宮~川越間が約30分ぐらい掛かっていたと思います。

 今も荒川橋梁は、気動車時代の基礎そのままであるため、
ジョイント音を揺れを電車になった今は高速で駆け抜けるため、
迫力満点なのであります。
KATO製キハ36

 模型ではエンドウ製を同形式のキハ35とキハ35900を所有しておりますが、
最近のKATO製キハ35系の造りが模型店で見た瞬間に良く出来すぎているためと
 大宮駅11番線12番線に独特の回転が遅いディーゼルエンジンのアイドル音が
懐かしくなり、思わず購入してしまいました。
KATO製キハ35900

 ディテールアップセットで行先を大宮や川越や高麗川、
ハタマタ東飯能や指扇、日進行に変えたい気分でありますが、
オークション以外に売っていませんので、
八高線的な「普通」で我慢したと思います。

 本当に良く出来ていて、ナックルカプラーは標準装備で、窓の開閉取っ手まで再現してあり、
ジャンパー栓が別パーツで取付るのと、幌無を幌に交換パーツが付属されています。

購入したのは、キハ30(M)、キハ30(T)、キハ35900(T)、キハ36(T)の4両。
早速室内灯も取り付けて走らせて見ましたが、
幾分ロケットスタート気味であることと、行先方向幕の点灯が暗い点がチョット不満であります。

 それにしても懐かしい車両は、財布のひもが緩んでしまいますね。

COMMENT 2

南栗橋車両管理区荒川支所  2016, 09. 10 [Sat] 23:52

No title

お晩でございます

今は無番化した『大宮駅12番線』覚えていますよ…

キハ30・35は2~3回乗ってます

八高線にキハ40が居たようなのですが
それは結局乗れず終いでした

Edit | Reply | 

亀次郎2  2016, 09. 11 [Sun] 00:25

Re:

南栗橋車両管理区荒川支所さん、コメント頂きありがとうございます。
大宮駅12番線の賑わっている頃は、大宮駅と思えないくらいの小さな西口でありました。
西口ロータリが狭く、バックで西武・東武バスのツーマンがバックで停まっていました。
この時代の川越線での川越もノンビリしていまして、
大宮から来た4両が切り離して2両が東飯能行きなんてありましたね。
 キハ40は八高線キハ110に変わる末期だったような?
やっぱりロングのキハ35併結でのクロスシートのキハ20や40を選んで乗車したのを思い出しますね。

Edit | Reply |