超快速で超美味い日本海幸の旅

北越急行HK100ゆめぞら2015年7月頃
 
 父親の介護が始まり、介護のため休暇を取ることも増えて来ました。
大きな病院というのは予約の時間通りとは行かず、1日休暇になってしまうことが多い為、
もう予約日を計画して会社には介護のための休暇を取っている今日この頃です。

 こんな日は変な時間が空いてしまうので、パソコン内に取り込んだ写真を整理していた所
記事にしていないものもあり、この機会に記事にしました。
北越急行ゆめぞら

 7月頃でしょうか?妻の両親を連れて2泊3日で越後湯沢にある保養所まで車で行き、
その2日目でしょうか?いつも必ず行く直江津の日本海の幸が味わえるお店にも連れて行く事としました。
 日本海の幸の前でお酒が飲めないのも寂しいですし、妻のおやじさんの付き合いもありますので、
タクシーや鉄道での旅であります。
直江津で超美味い2段重ねの海鮮丼も御造りの量が凄い

 越後湯沢から直江津までは勿論北越急行であります。
そして直江津にあるお店には昼前には着く様にするため調べた結果、
「超快速直江津行」であります。途中は十日町しか止まらない列車でしたし、
ゆめぞら車両の1両の単行運用でした。

 久しぶりの列車旅との妻の両親も、トンネルに入る度に車内天井での上映があり、
妻の実家に帰郷する旅にお米や野菜をお土産に頂いていることや、大切な娘の旦那ということでありますので、
いろいろ世話をしたくなる性格なものでありましてで、
「いやーこんな列車があるんだなあ」と気に入ってくれた様子であります。
直江津で超美味しい日本海の幸の2段重ねの海鮮の量

 そして直江津の日本海の幸がお得なお値段で美味しく沢山味わえるお店に
妻の両親も満足してくれました。お酒は「程々」にしましたよ。
写真の御造りの下にも2段重ねでご飯という巨大海鮮丼に、揚げ物に、茶わん蒸しに、味噌汁に、小鉢に
・・・・・です。値段はネットで見て頂くとして。

 越後湯沢に戻る列車も「超快速」で、面白いことに、2両編成の
先頭が一般型で、後がゆめぞら車両。もちろんゆめぞらに乗車しての列車旅を楽しみ、
越後湯沢駅構内のお店を楽しんでの鉄道旅でありました。
E129系越後湯沢にて2016年7月頃

 越後湯沢に到着すると、上越線には115系ではなく、
新型E129系が寂しく駅構内に停車中でありました。国鉄型がここももうすぐなくなって行くのでありますね。

 私の両親もよく連れて行きましたが、もう中々連れて行けなくなってしまいました。
妻の両親は1年に1回ですが楽しみにしているらしく、来年も連れて行けることを
望んでいます。

 仕事に介護にとモチベーションを保つのが、介護仲間が出来お互いの状況を供用する事と、
鉄道という趣味であります。
これから頑張って行こう!

COMMENT 0