GM製東武60000系を購入&室内灯&カプラー交換

GM製東武60000系とM社製8000系正面
 
 仕事も13日から夏季休みに突入し、親戚新盆のため妻の実家に行き、
15日夜に家に戻って来ました。

 子供も独立しましたが、今度は親の介護と・・・、ああ、いつになったら落ち着くやらでありますが、
合間を見て趣味を持っていることが救いの種であります。
GM製60000系先頭車

 さて、早速7月末に購入した「GM製東武60000系」を試運転準備前の部品交換・取付作業を行いました。
それにしてもGM製は「完成品にしてあげたのでその分の人件費」的な割高な価格であります。
ディテール的には良くはなっているのでありますが、機構や弱々しい車体がK社・T社そしてM社に遠く
及ばない感じが否めません。

 特に「行先シール」ぐらい付属して欲しいし、前面行先も相変わらず光らなく、
乗務員室も今時スケルトンでない。

 改良した動力ユニットで起動電圧が低いのは良いのですが、常点灯対応でないのは、
駅に停車中に前照灯・後尾灯、勿論室内とも走らせないと点灯しないとは、時代遅れであります。
GM製東武60000系後尾灯点灯行先は不点灯

 とはいえ、「前のGM製に比べれば」良く出来たレベルと考えればよいですし、
何といっても地元でよく見かける車両であり、東武らしくない最新鋭の線区的久しぶりの新車ですし、
この類の車両は中々出てこないかもしれませんので購入した次第であります。

 室内灯はTMTMで販売しているTORM製を採用しました。
当該車両説明書はT社製を取付推奨でありましたが、GM製西武2000系に取付た際に
肉厚がある分、窓に室内灯ユニットが見えてしまう事を考えてであります。
GM製60000系にTORM製室内灯を取付

 TORM製室内灯幅狭A白色はチップLEDであるため、まんべんなく室内を明るく照らしてくれるし10本セットで比較的安価。
光り方も現物がLEDであるので、この車両に合っているのでありました。

 連結器交換は、先頭は半永久的に連結はしないので中間のみK社製カプラー密連形Aグレーを採用。
バネは前後ガクガク運動防止のためそのまま挿入してあります。

 アンテナやパンタ機器のパーツも取り付けて早速試運転であります。
GM製今回の東武60000系は「登場時野田線仕様」と「アーバンパークラインロゴ入り仕様」の2種類が登場。
購入したのは勿論急行運転も開始したアーバンパークライン仕様でありますが、
この完成品の行先が「柏」とは・・・・・。

 まあ、「オプション!」の「行先シール!」を後で購入してあげたいと思っておりますので、
その時に気に入った行先に変えて見ようかと・・・・・。
M社製初期ロッドの東武8000系も試運転にだして「野田線的・アーバンパークライン的」に
走らせて見ました。

 8000系もパソコンで試作した「LDE風行先幕」を取り付けてみた写真が冒頭の写真であります。
やっぱり魅力的な形式の電車が出ますと購入してしまいました。
鉄道模型という趣味も、この他古い車両の整備やらで、
子供に迷惑を掛けないよう「ボケ防止」のため、まだまだ合間を見て挑戦しますよ!

COMMENT 2

鉄乃助  2016, 08. 16 [Tue] 20:25

No title

亀次郎さん、こんばんは。
しかし、グリーンマックスの新動力・コアレスモーターは従来の2つモーターよりも性能が上がったのはいいのですが、常点灯ができないという欠点が困りものです。
こちらも近鉄9020系を買った時、コアレスモーター搭載になり、常点灯できないことに愕然としてトミックスの動力ユニットに交換した経緯があります。

これならマイクロエース製のもののほうが良いと思うのですが・・・

Edit | Reply | 

亀次郎2  2016, 08. 16 [Tue] 22:34

Re:

鉄乃助さん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
走行性能は抜群なのに常点灯が出来ない事が残念でたまりませんね。
ただGMの昔の時代から比べれば、これだけ完成品が多くなってきたのも時代でしょうか。
課題は車体や機構部品の強度を増して欲しいですね。
真っ暗にした部屋で室内灯を点灯すると明かりが透けるのもGM製の欠点であります。

Edit | Reply |