JR・東武直通特急で日光に行って来ました。

大宮駅から東武直通のJR特急に乗車
 
 商売柄、車ばっかり乗っていると、「鉄」としては乗り鉄したくなるのは当然の事。
ですが土日というと、やたらイベントや買い物に「復活プロジェクト鉄道模型弄り」で終わってしまい、
行く機会を逃していました。
253系1000番台のきぬがわ号で大宮から乗車

 無性に乗り鉄したくなったので先月の事ですが、まだ乗ったことのない東武乗り入れ車両の
JR253系1000番台の「きぬがわ号」にて大宮から乗車しました。
253系1000番台車内

 シートピッチは東武100系と同じで広々としてるものの、座席幅が狭いというか足載せもなく、
車販もなくと、チョットがっかりではありましたが、
車内が空いていたのが唯一の救いかなあ・・・?もう一回乗りたいという気持ちはチョット起こらないかも・・・。
下今市にて東武日光行き連絡に乗換
東武6050系車内

 JR宇都宮線から栗橋で乗務員交代のための停車はもうお馴染みとなり、
下今市で東武日光行き接続電車に乗り換えて、東武日光に到着。
東武6050系東武日光にて

 東武日光駅は何となくノスタルジックであり、6050系が停車している感じが一番似合うような・・・。
東武日光駅
東武バス日光世界遺産めぐり行き

目的地は東照宮でありますので、「世界遺産めぐり」のバスにて表参道で降りれば、
目の前が東照宮への表参道となるのであります。
東照宮表参道

 久しぶりでありますね。日光東照宮は。奥の院階段はキツイですが、家康公のお墓も見学し、
鳴き竜は昔のイメージと違って手を叩くと怒られますので、説明員が拍子木をたたいて鳴らすとは・・・。
見ざる聞かざる言わざるレプリカ
眠り猫レプリカ

 陽明門、眠り猫、三猿は、何れも工事中で見られなく、レプリカでありました。
奥の院には家康公のお墓が・・・

しかしながらパワースポット的な要素は感じとらえて、懐かしさもあり満足であります。

 帰りも世界遺産めぐりのバスが15分毎で便利でありまして、東武日光駅に戻って来ました。
発車案内を見ると、JR大宮経由の特急が間に合いそうで、東武日光駅名物駅弁とビールを
急いで購入して、連絡列車で下今市にて東武100系スペーシアにて大宮まであります。
東武100系スペーシア下今市にて

 急いで買った駅弁が美味しかったのであります。その名も「ゆばちらし弁当」であります。
ゆばちらし弁当パッケージ


日光と言えば「ゆば」でありますが、この弁当で充分味わて、お店に入らなくても手軽にゆばが食べられたのであります。
後で調べたら、超有名な駅弁らしく、もう一度食べたいのでありましたね。
ゆばちらし弁当

 スペーシア車内での駅弁とビールは格別であり、あっという間に大宮に到着。
東武100系スペーシア座席

 20年以上経ちますが、やっぱり東武スペーシアは乗り心地がよく、座席も大きく、足載せもあり、
NREでしたが車販もあり、もう一度乗りたくなるのはこれでありますね。

 偶には小旅行で乗り鉄する「所謂鉄分補給」をしないといけませんね。

COMMENT 0