マイレイアウト、撮影スポット区間にする。

マイレイアウト内側膨らみ区間改良前左側
 
 鴨居式レイアウトを採用したNゲージ用マイレイアウトですが、
部屋の壁に貼り付く様に展開するため、オーバルの内側からしか車両を見る事しか出来ず、
曲線区間が内側廻りに固定するために面白味に欠けるのが欠点であります。
マイレイアウト内側膨らみ区間改良前右側

 それを解消すべく、途中でより内側へふくらまし所謂S字区間にして、
車両の反対側が見えるようにし、尚且つ外側廻りが加わることによって変化を持たせるようにしました。

 このレイアウトを建設するべくもともと持っていた複線プレート用の線路を流用して展開したため、
カントがなくしかも急カーブ区間となったため、「ああ、やはり模型だなあ」という感じであると同時に
直線区間があるものの車両が通過する時の躍動感に欠けていることが気になっていたのであります。
内側膨らみ区間改良中でこの区間の線路を撤去

 という訳で、この内側膨らみ区間をより実感的にするための改造を行いました。

 複線プレート用は外側カーブR315、内側カーブR282のカント無しに直線2本の組み合わせで、
内側へと膨らみ区間を作っているのを、
内側膨らみ区間の改良が完成左側
内側膨らみ区間改良後右側

 カントアプローチ複線線路R414/381をカーブ始まりと終わりを両サイドにR718-15を内外S字で
組み合わせる、所謂滑らかにS字カーブ逆S字カーブでの構成にした内側膨らみ区間が出来上がりました。
内側膨らみ区間は紆余曲折自作線路で繋ぐ

 まあ紆余曲折もあり、ユニトラック規格そのものでは長さに半端が出るために
R718-15線路をカットしてオリジナル線路を造り線路を強引に繋げました。
T社規格幅とK社規格幅の調整は切り込みを

 それに加えて内側に膨らんでまた外側に戻るまでの直線区間に
TOMIX製のロングレールを使っているため、
KATO規格の内外幅と合わせるにはとロングレールの両サイドの内外線路に切れ目を入れて
線路幅を調整するという至難の技もあったりして、
結構大変な改良工事となったわけであります。

 勿論、走りに徹した設備でメンテナンスのし易さの事を考えまして、
バラストなどは撒かないで塗装で簡易的に再現であります。

 前に比べてカーブが緩やかになり滑らかでより実感的なS字カーブ区間が完成しました。
カントが付くと躍動感的にカーブを車両が通過していきますね。

 これでいつも決まっていた直線区間で写真撮影スポットが、
もっと躍動感があるカーブ区間での撮影スポット区間が出来たという訳であります。
マイレイアウトの新たな撮影スポットに485系が通過

 さて、早速試運転を行いましたが、次から次へといろんな車両を走らせて
写真に収める楽しみが増えてきましたので、これから記事にしてきたいと考えています。

COMMENT 4

がおう☆  2016, 04. 14 [Thu] 12:18

撮影名所

こんにちわです。

良い撮影区間になりましたね。
壁側の側面も良く見えていますし、カントと滑らかな緩いカーブのラインが良いです(^^♪

レイアウトにはやはり撮影名所は必要ですね。
実撮影も、有名場所として皆さん定点撮影のようにされているみたいですし(^-^;

Edit | Reply | 

亀次郎2  2016, 04. 14 [Thu] 23:11

Re: 撮影名所

がおう☆さん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
経費節減でお座敷用に買った複線プレート用でしたので、
急カーブが気になっていました。
滑らかなS字の緩いカーブですと長編成でも圧縮して編成全体を写真に収めることが出来るのでして、
実撮影ポイントと同様にNゲージでも写真撮影スポットが欲しかったのであります。
鴨居式はオーバルになってしまいがちですが、何とか変化を持たせることが出来ました。

Edit | Reply | 

ぶ  2016, 04. 15 [Fri] 23:37

No title

こんばんわ。

カットですか。。。(^_^;) でも綺麗に処理できてるみたいですね。スゴイなぁ。。。ちなみに何を用いてカットしたのでしょうか?参考までに。。。(^_^;)

撮影ポイント。。。向かってくる感じで見れて、イイですね♪
この撮影ポイントだけ、数本架線柱があっても良いかもしれませんね。
私も部分的に、架線柱を設置しようかな?と思ってます。主に(・∀・)ニヤニヤして眺める部分だけですけど。。。
多いとクリーニングの時に、邪魔になるだけですから。。。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2016, 04. 16 [Sat] 00:34

Re: No title

 ぶさん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
端数線路を多用しますとジョイント部分が増えてしまいますので、
最小限度のジョイントやカント付との接続を考えると「オリジナルユニトラック」を作るしか・・・。
 線路のカットは工作用糸鋸で一挙に切りますが、犬釘と線路固定が取れぬよう
予め犬釘と線路にタミヤ接着材を付けてから切ります。
 カットした部分は虫眼鏡で丁寧にヤスリがけして、バラスト部分のユニジョイナー取り付け部分を
「タミヤのプラスチックニッパー」でカットしてジョイナーを付け、
タミヤ接着剤をジョイナー部分と犬釘に軽くぬって完成という感じです。
昔はフレキシブル線路をカットしていましたよね。その事を思い出しまして・・・。
 架線柱のことは撮影する場合のみ付けようと考えていますが、
この区間だけ仰る通り固定して良いかもですね。

Edit | Reply |