東武アーバンパークライン急行に乗車

東武60000系普通春日部行大宮にて
 
 3000系の時代から知っているこの東武野田線!いや東武アーバンパークラインでありますが、
こんな日が来るとはであります。
東武10000系普通大宮行七里駅にて

 あのノンビリしていた3000系時代から、吊掛け天国と言われた5000系の時代も終わり、
スピードアップと共に昭和生まれの8000系が生き生きとして走るこの路線に
新型の60000系や路線カラーを纏った10000系が来たと思いきや「急行運転」まで始まるとは・・・・。

 早速「お花見」を兼ねて急行運転が始まった東武アーバンパークラインに乗車してきました。

目的地は清水公園であります。どちらかというとフィールドアスレチックのイメージがある清水公園。
桜も結構巷では有名でありまして、特に清水公園駅から公園入口までの道が桜並木になっているのであります。
東武アーバンパークライン60000系と七里駅と桜

 本格的な「お花見」ではありませんので、レジャーシートやお酒の用意はせず、
奥さんを付き合わせての乗り鉄旅であります。とは言え目的が・・・ですので、
東武アーバンパークライン七里駅のお花見ベンチ

 「急行」の種別が出ている車両を写したく、七里駅ホームに途中下車をしました。
しかしこの七里駅は鉄道ファンではなくても喜んでしまう粋な計らいをしていたのを発見!
期間限定七里駅お花見ベンチ

 ホームからは満開になった桜があり、わざわざホームのベンチの向きを桜の方向に変えているとは・・・。
地元のJR東日本のグループ会社委託駅員じゃこんなことは考えられなく、
期間限定とはいえ利用者のことを考えて頂いている東武鉄道七里駅駅員の方々に
敬意を表したいと思いますね。奥さんもこれはウケが良かったです。
東武8000系急行柏行七里駅にて

 さて、急行が通過するとのアナウンスですので、やってきたのが8000系運用の急行。
本線や東上線でも見られなくなってしまった8000系での「急行」が奇跡の復活を遂げました。

 もちろん60000系での急行が一番似合うかもしれませんが、この先いくらでも見られる中、
8000系の急行なんていつまで見られるかですよ。
「七里駅を停まらない」って当たり前です。急行です。これは写真にしっかり収めました。
東武10000系普通柏行七里駅にて

 七里駅のお花見が目的になるともチト寂しいので、
「普通・柏」とこれまた幕表示の10000系がやってまいりました。
これに乗車して清水公園に向かいました。
清水公園駅からの桜並木

 清水公園駅からの桜並木は見事でありますが、天気がイマイチで鮮やかさにかけますが・・・。
まあ風が無いだけ寒くはないのと「LED表示がよく写る」コンディションなので、まっ良しと・・・・。
清水公園売店の天ぷらそばと生ビールでお花見

 早速腹ごしらえの何の変哲もない公園売店の「天ぷらそば」「から揚げ」「生ビール」は、
満開になった桜を見ながら味わうと何で美味しいのか?これも奥さんのウケが良かったです。
清水公園のモモの花
清水公園でお花見
清水公園の枝垂桜
清水公園アスレチック池と桜

 モモの花もこのピンクの濃いキレイな花に癒され、枝垂桜も満開!
休日って感じで、おじさんとおばさんにはやさしいお花見散歩でありました。
東武60000系急行大宮行清水公園駅にて
東武60000系車内案内表示

 デザートは露天商の大判焼きを頬張りながら、
勿論「急行・大宮」行の60000系で帰路でありました。
野田線に急行とは感慨深いですね。いいプチ旅でありました。 

COMMENT 0