埼玉県民の日記念1日フリー乗車券の旅・西武鉄道編

西武秩父駅
 
 秩父鉄道の埼玉県民の日フリーきっぷ¥1,000で、
羽生・長瀞・野上・御花畑は合わせて¥1,530ですので元は充分とれました。

 さて秩父鉄道御花畑駅から徒歩5分ぐらいで西武鉄道西武秩父駅であります。
この西武秩父駅も温泉統合施設が出来るとのことでこの風景は来年先には変わるのかあ・・・。

もちろん仲見世通りで秩父のお土産と地酒とツマミを買って準備満タンであります。
後は「埼玉県民の日記念1日フリー乗車券・西武鉄道編」¥470を購入すれば良いのでありますが、
埼玉県民の日記念1日フリー乗車券・西武鉄道編

 もう日が暮れていまして、西武秩父駅窓口の駅員さんに、「この時間から使うのですか?」
「本日しか有効ではありませんよ」と言われたので、「本川越までだとこちらの方が得なので」と
切換すと、駅員さんの方が「なるほどね」と逆に感心されてしまいましたね。
 因みに西武秩父から本川越までは¥699(IC)掛かります。

 「埼玉県民の日記念1日フリー乗車券」はさすが西武です。
自動改札対応でも「コバトン」が入っていますね。
ただ自動改札に入れると穴が開いてしまうので、入れる方向に気を付けないと
コバトンに穴が開いてしまうので、印刷位置をずらして欲しかったですね。
西武秩父駅跨線橋

 西武秩父駅構内はもう12月2.3日秩父夜祭の宣伝で提灯などで飾ってあります。
11月14日なのに早いなあ。
西武秩父駅案内板

 「準備満タン!?」で絶対にクロスシートの4000系が来るとは限らないので、
ドキドキはしましたが、
三峰口からやって来るやつですので4000系には間違えなく、やって来ました。
しかも急行(実質各停)で所沢までこの列車1本で行けますね。
西武4000系急行池袋行西武秩父にて

 真っ暗で秩父の山並みなんて見えませんが、列車で一杯飲む秩父の地酒はたまりませんね。
秩父の地酒で西武4000系の旅

もう、あっという間に所沢に到着。
所沢駅構内のある「とこてらす」

リニューアルした所沢駅構内にある「とこてらす」でコーヒーブレイクであります。

 もう無理はしません。お互いに50を過ぎたおじさんとおばさんでありますので、
新宿線にて本川越には20000系であります。
西武30000系所沢にて

写真の30000系スマイルトレインで影が薄くなり地味ではありますが、
形的にはこちらの方が好みであります。
西武20000系本川越にて

 もう東武東上線に乗る元気がありませんので、これにて東武、秩鉄、西武を巡った、
埼玉県民の日フリーきっぷの旅はこれにて終了です。
本川越駅を降りたところには菊まつりの飾りが

本川越駅から川越駅までは¥100で路線バスに乗れますのでこれで移動し、
川越駅からJR川越線にて地元駅に戻って参りました。

 来年2016年は閏年であるため11月14日は月曜日になってしまいます。
会社を休まない限りは来年は出来ません。

COMMENT 0