埼玉県民の日フリーきっぷの旅・2015年秩父鉄道編

秩父鉄道羽生駅案内板
 
 埼玉県民の日フリー乗車券・東武鉄道編は大宮・南桜井・そして羽生へと旅をしてきました。
東武鉄道ですから埼玉県内の東上線も乗車出来ますが、本線系統と東上線を結んでいるのが、
秩父鉄道の羽生・寄居間であります。

 実際にも東武本線と東上線の車両入れ換えは、この秩父鉄道を経由していきます。
という訳で、ここからは秩父鉄道で東上線乗換駅の寄居までと考えましたが・・・・。
秩父鉄道7500系羽生にて

 埼玉県民の日フリーきっぷの旅というのが目的でありますし、
このまま秩父経由西武線で川越からでも東上線に乗車可能でありますので、
秩父鉄道羽生駅窓口にて「埼玉県民の日フリーきっぷ・秩父鉄道編」を購入であります。
埼玉県民の日フリーきっぷ秩父鉄道編2015

 同じ土休日に発売するフリーきっぷ「遊々きっぷ」は¥1,400ですが「県民の日フリーきっぷ」は¥1,000!
さすが県民の日であります。しかも、自動改札がないので、写真的な感じで記念きっぷに相応しくて良いですね。

 しかしながら元国鉄101系の1000系が引退してしまい、急行車両や客車を除く一般車両は、
ステンレス車ばかりとなってしまい、チョイと魅力が無くなってしまっています。

 例によって来たのが元東急8090系の7500系であります。これに乗車して旅再開であります。
ワンマンですので自動放送の車内アナウンスは、英語のアナウンスが何となく発音が面白い感じがします。
車内は空いており、暖房も程よく、適度な揺れにもう爆睡であります。
秩父鉄道長瀞駅舎

 しかしながら、「元を取る」というのも目的の一つでありますので、
御花畑までの途中で降りないとという訳で、定番の長瀞で下車しました。
まあ、同伴者のためにも団子とお茶でブレイクであります。
秩父鉄道SL列車長瀞にて

所が駅は大混雑しており、もうすぐSL(上り熊谷行)がやって来る乗客は、
ツアー客の団体も合わせてで、賑わっていますね。
秩父鉄道7000系初期車

 という訳で、SLが先に来てここで各停電車が先に発車するとのことで、
野上に戻ってSLを写真に収め、下りに乗って御花畑に向かう事にしました。
これで元が取れます。野上まではこの元東急8500系の7000系初期車でした。
SL列車も埼玉県民の日ヘッドマーク

 SL列車は「埼玉県民の日」のヘッドマークを掲げていました。
野上から乗車したのは元都営三田線6000系の5000系。
今や秩父鉄道の一般電車車両ではこの車両が唯一の楽しみでしょうかね。
秩父鉄道5000系野上にて

今年はあったかい秋のせいか、紅葉はこの日ではまだまだでしたが、
やっぱり景色も良いしノンビリした旅が味わえるのは秩父鉄道ならではであります。
御花畑駅

御花畑に到着し、埼玉県民の日フリーきっぷ秩父鉄道編は時間の関係で終了としました。
次回は「埼玉県民の日記念1日フリー乗車券・西武鉄道編」を記事にします。

 仕事で岩国出張があるためチョット先になるかもしれません。
 

COMMENT 2

ぶ  2015, 11. 27 [Fri] 15:57

No title

こんにちは。

同伴者さんは、奥様。。。。うらやましい。
うちだと絶対に同伴してくれませんね(-_-;)

元都営三田線、秩父鉄道で走ってるのを、先日TVで知りました。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 11. 28 [Sat] 17:43

Re: No title

ぶさん、こんにちは。コメント頂きありがとうございます。
 そりゃただ乗り鉄だけではついて来ませんので、
「沿線グルメリサーチ」は欠かせませんね。
あとは必ず着席できるような時間や列車、ルートも条件であります。

 普通グリーン車やクロスシート車なのでのお酒とツマミがあれば
楽しんでいます。(私もこれが一番ですが・・・)

 元都営三田線6000系の5000系は、ラインカラーもそのままで、
外観の車内も昔と変わっていませんよ。
三田線時代よりスピードを出しますしジョイント音が派手ですが、
一度乗ってみてください。懐かしですよ。 

Edit | Reply |