埼玉県民の日フリー乗車券の旅・2015年東武鉄道編

埼玉県民の日フリー乗車券東武鉄道編2015
 
 埼玉県民の日は11月14日でありますが、今年2015年は土曜日となり会社が休みであります。
やっと待ちに待った月日のめぐり合わせであるため、同伴者と共に行って来ました。
チョット天気が曇り雨的で寒かったです。
東武アーバンパークライン大宮駅連絡通路

 相変わらずJRさんは、埼玉県民のことを蔑ろにしているようで、
今年もフリーきっぷの情報すらなく、早くこの日が過ぎ去らないかという光線を出しているような雰囲気で、
国鉄時代の頃の東京北鉄道管理局さんは本当に凝った記念乗車券的なフリーきっぷを出していたのに、
JRはなあ・・・・・。埼玉は鉄博や鉄道の町イベント大宮車両センターがあるのに、どうして企画しないのでしょうかね。
東武10050系アーバンパークラインカラー大宮にて

 さてまず考えることは、「如何にJRを利用しないルートにするか」でありますが、
住まいがJR川越線であるため、大宮か川越までは必然的に利用。
川越ですとこの1日間では「乗っているだけ」となってしまうため、
大宮から東武鉄道で旅を始めました。

 東武鉄道野田線、いやー東武アーバンパークラインですか、
慣れないなあ・・・。来年には急行が走るとは信じられませんね。

 自動改札横の有人窓口にて「埼玉県民の日乗車券」¥470を購入。
チョット普通で味気ない。まあ自動改札対応ですから仕方がないかも・・・。
東武アーバンパークライン10050系北大宮にて

 10000系が侵食していますね。まあアーバンパークラインカラーにはなっています。
10050系ですから未更新車といってもいいくらいの乗りなれた10050系という感じ。
次の北大宮で降りました。やっぱりアーバン・・・長いので野田線にしますが・・・、
8000系に乗らないとということで、すれ違ったやつが次にやって来るはずですので。
東武8000系北大宮にて

 やっぱり8000系は座席がフワフワでいいですし、ブレーキで停車してドアが開いた時の
「この匂いが・・・」電制無し8000系であります。
東武8000系東岩槻にて

 定番駅撮影の東岩槻で降りて車両撮影でありますが、ホームの撮影ポイントには誰もいませんので、
ゆっくり撮影し、最新鋭の60000系に乗車しフリーきっぷ最東端の南桜井まで乗車。
東武60000系東岩槻にて

何だか南桜井で降りる人が多いと思ったら、駅前は長蛇の列であります。
 ポスターを見たら、あの埼玉の地下神殿と言われている「首都圏外郭排水路」の特別見学会とあり、
同伴者の妻も「行こうよ」と・・・。
東武8000系南桜井にて

東武アーバンパークライン8000系と60000系
東武アーバンパークライン南桜井駅
東武アーバンパークライン南桜井駅ホーム案内図

しかしシャトルバスも1時間待ちで「もし行ったらここでフリーきっぷの旅が終わるよ」の私の言葉に
お互い見たかったのではありますが、来年も開催してくれることを期待しつつ南桜井から春日部に移動であります。
東武アーバンパークラインホームにある春日部ラーメン
春日部駅そばならぬ駅ラーメン

 さて春日部と言えば、食べログにも掲載されている鉄御用達の「春日部ラーメン」であります。
アーバン・・・いや野田線ホームにある所謂立ち食い駅そばならぬ立ち食い駅ラーメンであります。
昭和の味という感じであっさり味ですが、何故か上手く感じるのであります。コロッケ入りにしました。
東武100系スペーシア春日部にて

 春日部からスカイツリーライン・・・、いや長いので慣れた言い方で伊勢崎線にしますが、
100系スペーシアを見送った後、東急5000系急行久喜行きに乗車。
東急5000系急行久喜行き春日部にて

形は好きですが相変わらずE231親戚のため「固く浅い座席」は残念であります。

 久喜からは10050系普通館林行きにて羽生へと向かいました。
昔はA準急だかB準急だかあって、久喜で乗継なんてなかったですね。相当昔ですけど・・・。
東武10050系普通館林行き羽生にて
羽生駅に進入する東武10000系

 10000系といえば、鉄仮面的な1次車が東武らしくて好きでありますね。
更新車といえどもこれに乗りたかったなあ。
東武鉄道伊勢崎線羽生駅ホーム案内板

 それにしてもここ羽生駅は人が疎らで静かであります。
因みに普通乗車券では、大宮~南桜井¥360、南桜井~羽生¥515ですので、
充分元はとっています。
東武羽生駅改札口

ここからは秩父鉄道編の埼玉県民の日フリーきっぷの旅へと続きますが、
次回の記事と致します。


 

COMMENT 0