我が家の鉄道模型

地元の車両で鉄道模型を楽しむ
 
 我が家の鉄道模型は、屋根裏部屋の壁にカモイ方式レイアウトを展開していまして、
本来の目的である屋根裏部屋の物置を邪魔しないように、
Nゲージが上段に、HOゲージが下段に壁にへばりつくように設置しておりますが、
部屋の内側全体を1周するのでありますから結構な距離となっていまして、
一番長い直線の長さは約4m。本線はNもHOも複線であります。
HOゲージレイアウト用ホームと所有車両

 従いましてレイアウトの内側に入って運転操作するというものであります。
 ですのでメンテナンスのことを考えて、自然的に「安定した走りとそれに合わせたスケール速度」を追及した
「走り」にこだわったレイアウトとなり、風景などのジオラマは殆どありません。

 あの拘った風景のジオラマはすごいなとは思いますが、
走らせれば線路は汚れてきますし、線路を拭くなどのメンテの苦労経験もありますし、
メンテナンスしている時にジオラマを破損したりしたときの修復も大変でした。

 そんな訳で「線路を拭くのが大変そうだな」と、拘ったジオラマを横目にこの「走り中心レイアウト」を貫いています。
Nゲージ用ホームに停車中の10両編成205系

 しかしながらお座敷レイアウトのように、置くだけでもリアル感が増すストラクチャーがありますので、
Nゲージの島式ホームも掃除する場合は外して、掃除が終わったら置けるように固定はしておりません。

 以前はTOMIX社製を中心にジオラマもそことなく取り入れて展開していましたが、
屋根裏部屋ですので、真夏の環境は「ジオラマ」には過酷であり、劣化や色褪せでボロボロになってしまい、
暫く放置、そして解体・・・・。現在は固定式としては2代目であります。
 2代目は制御装置パワーパックや線路、ホームや駅舎はKATO社製を採用しました。
Nゲージレイアウト本線は内側へ変化を持たせる区間を設置

 私の所有する651系11両編成が停車出来るように対応できるのが、
部屋カモイ式の良い所であります。改良すればまだまだホームも長く出来ますが、
今の所これで充分であります。
支線は内側を大きくカーブして車両の反対側が見られるようになります。

 HOゲージは大きさもありオーバルでありますが、Nは本線は天井からワイヤーで吊って、
より内側に行くような区間や、車両の反対側も見られることなどで行き止まり支線もあります。

[広告] VPS

 これだけの長距離ですので、線路を拭くのや車両もメンテナンスもあり1日掛かりと
なってしまいます。「スケール速度」特にローカル気動車やSLがリアルに走行できるのであります。
車両の反対側も見えるようにしたNゲージ本線

 仕事がハードでゴロゴロする会社休みの日が続いていましたが、
いざ親戚が遊びに来たりや、私自身が新車や鉄コレをN化や所有車両をメンテナンスした後など、
急に走らせたい場合がありますので、
 1週間に1回は「線路を拭く」・・・・。いや「保線作業」を行うことを心掛けるようにしました。

[広告] VPS


最近は仕事も頑張りますが、鉄道模型も頑張って行こうと再認識した次第であります。
何となく新幹線もいいなあと思ってきていまして、
Nゲージレイアウトのその上に「新幹線専用レイアウト」の構想も考えている今日この頃であります。

COMMENT 10

がおう☆  2015, 11. 01 [Sun] 23:20

2層レイアウト

こんばんわです。

設置状況が良くわかる映像です(^^)/
線路の清掃については、どのようなレイアウトでも宿命みたいなものですね。
私なんか架線まで設置する計画です。
架線の材料や設置方法はテストピースの制作で終えているので、後はメンテナンスを如何にするかがポイントです。
分割式なので、収納時に埃のつかない状況、組み立て後の線路清掃方法など課題は山積みです(^-^;
運転に特化するのも一つ。
またほんの一部に情景を入れるのも一つではないかな?と(^^)

新幹線専用ラインは面白いです。仮に情景ありでも、新幹線は異質で狭い中での同レベル内での両立は厳しいと思ってます。
私が仮に新幹線ならば、床に別ラインのモジュールでも一部に入れての組線路で運転すると思います(笑)

Edit | Reply | 

ぶ  2015, 11. 01 [Sun] 23:32

No title

初めまして、記事と違う事で検索していて、辿り着きました。

私は今夏に鉄道模型にリターンして、レイアウト作成しています。昔と違って、ネットで色々と情報も得る事が出来ますが、諸先輩の皆様のブログを拝見していても、やはり定番のジオラマ物が殆どです。
私も亀次郎2さんと同じ考えで、走り中心。。。特にスローを気にしてます。同じような考えの人って、居ないのかな?って、日々ブログ等を見て回ってましたが、なかなか見付けられず。。。でも本日やっと辿りつけた~って、とてもうれしく思ってます。
私のレイアウトは、1周約10mの複線です。駅ホーム以外は、全く無い状態で、レール手拭きの邪魔な物は、極力置きたく無い程で。。。同じ様に以前のレイアウトでは、メンテ中に破損とかも多々ありました。
だから見た目は殺風景なんですけどね(^_^;)

これからも定期的に訪問したいと思っておりますので、よろしくお願い致します。ちなみに私も50代で、1つ年下になります。(過去記事で、年齢を知りました)

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 11. 02 [Mon] 23:29

Re: No title

ぶさん、でよろしいですか?初めまして。コメント頂きありがとうございます。
弊ブログの拙い所にご訪問頂きありがとうございました。
貴ブログを拝見いたしました。同年代で共通の趣味は嬉しい限りであります。
とにかく走りに徹していますので、フィーダというか集電ポイントは
エンドレス4か所に致しました。
また、TOMIXのロングレールを使用して、極力つなぎ目を少なくしました。
パワーパックも電流が2AのKATO製ハイパーであります。
お陰様で、本物のような滑らかでのスケール速度となったわけです。
ここまでは実験や経験などで大変でしたね。
これからもよろしくということでリンクさせて頂きますね。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 11. 02 [Mon] 23:32

Re: 2層レイアウト

がおう☆さん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
1代目のレイアウトは、架線は勿論、バラスト、盛土の草、山にトンネルなどジオラマ追及でしたが、
何しろ屋根裏部屋ですので、酷暑の夏で全部色褪せて劣化してしまいました。
ジオラマより「模型」なんだから「スケール速度」に追及シフトし、
2代目の「走り優先」となりました。
 まあ、最低限ですが線路にあった塗装をしていますね。
新幹線は中々難しい問題が山積しています。勿論スケール速度を追及すると、
長方形の屋根裏部屋ですので、窓側はHOゲージのようにカーブ連続となりますね。

Edit | Reply | 

ぶ  2015, 11. 03 [Tue] 20:40

No title

こんばんわ。

こちらに訪問頂きまして、ありがとうございました。

うちの、電力供給は、本線の2線及びローカル単線各々3箇所としてます。大体の目安が5m毎というのを、某鉄道倶楽部さんの参考にしてました。

繋目。。。そうなんですよね。。。結構通電ロスというか、トラブルもとになったりしてますね。でもその部分通過の音も、実は大好きでして。。。

それとリンク頂きまして、ありがとうございます。こちらもリンク致しました。(問題があれば削除致します)

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 11. 03 [Tue] 23:14

Re: No title

ぶさん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
 本物のもそうですが、電圧・電流が降下しないように線路にそって供給電線を設置いたしましたので、
継ぎ目等で何となく遅くなるなあと感じる部分に、そこから枝線を出して線路に供給してます。
メインは4か所ですが、片側を含めれば10箇所近くなりますでしょうかね。
 KATO社からTOMIX社製のレールなどを繋げるレールはご存知ですよね。
ですのでロングレールもあり、継ぎ目も結構ありますし、
ジョイント音はスケール速度の目安でもありますので、私もジョイント通過音を大切にしています。

Edit | Reply | 

佐野 次郎  2015, 11. 06 [Fri] 23:54

素晴らしいですね

屋根裏部屋に展開する鴨居レイアウト、素晴らしいですね。
走りに撤しているところが最高ですね。快調な走りを維持するのもなかなか大変です。こまめなメンテナンスが欠かせないですよね。

Edit | Reply | 

第3軌条  2015, 11. 07 [Sat] 11:23

No title

亀次郎さまこんにちは。

かなり広い屋根裏部屋みたいですね。
我が家も子供部屋の増築の時に屋根裏部屋の設置も考えたのですが予算もあり断念しました。

私は1500×700程度のエンドレスレイアウトですが、スローや安定した走行の為には、週1回は線路磨きが必要ですね。トミックスの物を走行させるか、KATOの巨大綿棒を使っています。後者の方が効果大です。

フル編成をスケール速度で走らせる、最高の贅沢ですね。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 11. 07 [Sat] 14:05

Re: No title

第3軌条さん、こんにちは。コメント頂きありがとうございます。
何しろ屋根直下ですので、真夏の炎天下での部屋の暑さは過酷な環境となります。
物置兼趣味の部屋ですので冷房の予算はカットされ、
ホームセンターや家電量販店の安い数台の扇風機を24時間回しっぱなしで、
扇風機も1、2年で交換しています。
ですので、夏は車両のメンテナンスをして、秋・冬・春に鉄道模型のシーズンがやってきます。
 ジオラマは眺めているだけでも癒されるのですが、メンテナンスが大変だったことから諦めました。
やっぱりクリーナーで拭いた後に乾拭きが一番効果的でありますが、
「施設清掃グッツ」が充実してきました昨今は、そうでもなくなってきたでしょうか。
ジオラマを壊さないようにや、特にトンネルの中が完全に清掃出来ないこともあり、
それに環境も・・・。ジオラマは羨ましいですね。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 11. 07 [Sat] 15:59

Re: 素晴らしいですね

佐野次郎さん、こんにちは。コメント頂きありがとうございます。
 スイマセン褒められることになれていなくお恥ずかしい限りであります。
最近になって「鴨居方式」「走り」のレイアウトのお仲間が出てきて、張合いが出てきました。
週一度にメンテナンスを行うように、生活習慣まで変えようとしている所です。
「スムーズでスケール速度で走る車両」。
ジオラマは羨ましいけれど、これを追及していきます。

Edit | Reply |