川越車両センターまつり2015

川越車両センターまつり2015はE233系特集
 
 川越車両センターまつり2015に行って来ました。
と言ってもこの日は藪用が午前中にありまして、行ったのは13時過ぎではあったものの
今回の内容はコンパクトでありながらニクイ演出での満足感たっぷりでありました。
 しかも時間が終わり頃なのに記念ファイルケースに川越車両センター特製バックが貰えて
さすが埼京線・川越線電化30周年記念でしょうか、ラッキーでありました。
川越車両センターまつり2015はE233系。1000番台もあったらなあ。

 2014は各線の205系が集結でありましたが、2015はE233系シリーズであります。
これだけE233系が勢揃いするのも川越車両センターならではでないでしょうかね。
川越車両センターまつり2015洗浄線通過体験は209系3000番台が担当

ただ、京浜東北線が無かったのは少し残念ではありますし、やはり今年は天気に恵まれなかったことでしょうか。
 それでなくてもステンレス車ですので、色部分が少ない分どうしても暗めになってしまいます。
川越車両センターまつり2015の集結車両

その他今年も185系が参加しておりまして、運転台や車掌放送体験はE233系7000に、
車両洗浄体験は209系3000で参加記念品が貰えたそうで、
それを聞いてチョット残念ではありましたが、グッツコーナーや弁当もまだまだ売っており
ささやかではありますが収穫物であります。
川越車両センターまつり2015の収穫物

 1編成だけ残っている205系も留置されておりまして、何か「主」として見守ってくれているような
感じがしたのは私だけでしょうかね。
川越車両センターまつり2015にも現役の205系の姿がありました。

 大々的に宣伝しないこの川越車両センターまつりは、
家からも近くチョイと覗いてこようかという感覚で行けて、
手軽に「鉄分」が補給できますし、展示車両が毎回違うというのもまた来年が楽しみでありますね。

COMMENT 0