伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り鉄

伊豆箱根鉄道3000系1次車三島駅にて
 
 沼津で美味しいものを食べた後は、勿論18きっぷでここまで来れたのでありますので、
三島から伊豆箱根鉄道に乗り鉄の旅であります。
伊豆箱根鉄道三島駅駅舎

 青春18きっぷは勿論乗り降り自由ですが、普通のきっぷも2日間有効となる距離のきっぷであるため、
途中下車も出来るのでありますので、三島駅に降りてみました。
富士急行バス

 さすが柿田川で有名な三島でありますので、駅前には湧き水モニュメントがあります。
路線バスもこの地域ならではの富士急行は昔から変わらないカラーありますので、スナップ写真であります。

 伊豆箱根鉄道駿豆線は本当に久しぶりであります。久しぶりどころか、
吊掛けが残っている頃ですから、何十年ぶりという所でしょうか。
伊豆箱根鉄道7000系三島駅にて

 1000系という正面2枚窓の西武スタイルに赤電カラーの吊掛け電車で
クロスシートであったためにこの車両を乗るのが楽しみでありました。
現在はすべてカルダン駆動の車両となっていますが、西武グループですので、
ライオンズカラーであるブルーの配色となっています。

 性能的にもこの区間としては勿体ないくらいの高性能車両でありまして、
吊掛け1000系でも充分な線形距離のような気がします。

 最高速度は85km/hですので、1100系(元西武701系)が現役の頃は、
あの独特な西武高性能車の音を堪能出来たのは昔の思い出となりました。
伊豆箱根鉄道7000系修善寺にて

 昔からJRに乗り入れる事をくすぶっておりまして、
乗り入れ用として製作された7000系の車内は、先頭車がJR311系と同じ3ドア窓配置、
中間車はJR213系と同じ2ドア窓配置に車内転換クロスシートの豪華仕様であります。
伊豆箱根鉄道7000系車内

しかし、乗り入れは未だ実現しておらず、この車両は2編成のみで製造が終了しています。
伊豆箱根鉄道7000系運転台

 現在は、この7000系に乗車するのが楽しみであります。

 主力は3000系でありますが、1000系の流れというか、西武顔の流れを受け継いでいる、
前面デザインでして、西武2枚窓部分がくぼんでいる特徴的な感じが個性的であります。
伊豆箱根鉄道3000系1次車修善寺にて

伊豆箱根線と言えばこの顔と印象深いのであります。
彫りの深い西武旧101系というのは私だけの表現でしょうかね。
伊豆箱根鉄道3000系2次車三島駅にて

 この車両は、セミクロスシートが基本ですが、一部転換クロスであったりします。
伊豆箱根鉄道3000系運転台

1次車がJR113系的な3ドア窓配置の鋼製であるのに対し、
2次車はステンレス製でJR211系的な3ドア窓配置と、いつでもJRに乗り入れたいなあが
何となく語っている感じが切なく覚えますね。

 修善寺から乗った車両は3000系でしたので、一部区間の前面展望動画も撮りました。

[広告] VPS

その修善寺駅は、昔のイメージが全くなくなっていました。
新しく改装されていまして、物凄くキレイであります。
修善寺駅2015年8月撮影

昔の駅舎も山の温泉の駅という感じでよかったのでありますがね。

 修善寺には、東京から特急踊り子号の185系5両編成が乗り入れておりまして、
偶々この時間は、2編成オリジナルカラー揃い組となり勿論写真に収めました。
伊豆箱根鉄道修善寺駅185系2編成揃う

クローズアップ185系。
185系踊り子号が修善寺駅に到着

5両編成185系と伊豆箱根鉄道線内なのに185系特集になってしまいました。
185系5両編成修善寺にて

 修善寺駅でもバスの写真は忘れません。
東海バス修善寺駅にて

最近乗っていないなあ、東海バス。
東海バス修善寺駅発西伊豆方面

この行先みたら乗りたくなってきました。

 この他伊豆箱根鉄道駿豆線には、元西武新101系の1300系が在籍しています。
途中の大場車両基地に留置されていて、乗車することは出来ませんでしたが、
ここまで来てロングシートは何となく避けたかったので良かったかもしれません。

 韮山反射炉という世界遺産が沿線にあり、今話題の伊豆箱根鉄道駿豆線の乗り鉄旅でありました。
313系三島発御殿場線廻り御殿場行

 三島からは当駅始発の御殿場線廻りの御殿場行に乗ろうかと思っていましたが、
313系のロングシートであったため、やめて帰路に、
EF66形100番台牽引コンテナ貨物が高速で通過

熱海行きに変更合間に、高速で貨物通過を撮影です。
伊豆急行2100系リゾート21黒船電車

 熱海で伊豆急行2100系黒船電車に遭遇。
上野東京ラインのグリーン車で帰路に着く

勿論、上野東京ラインのグリーン車で帰路に着きまして、青春18きっぷ夏編は終了であります。
ああ、鉄道模型もやらないといけないなあ・・・・・・。

COMMENT 4

南栗橋車両管理区荒川支所  2015, 09. 05 [Sat] 20:19

お晩でございます

去年18切符で乗りつぶしにいきました
親本家と同じ3ドア20m車ですが
本家車両と窓割りが若干違うので
造作が113・115系や211系の雰囲気そのものでしたね

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 09. 05 [Sat] 21:44

Re:

南栗橋車両管理区荒川支所さん、コメント頂きありがとうございます。
吊掛け1000系の時代から国鉄車両の幅広車体3ドアクロスシートを
オリジナル車両としていますし、
実現しないかなあ、JR東海だから無理だろうかなあ乗り入れ。
夢にまで出てきそうであります。

Edit | Reply | 

旭屋  2015, 09. 12 [Sat] 12:32

こんにちは、旭屋です。
実は父の故郷が西伊豆の土肥なものですから、
子供の頃は年に1回は駿豆線に乗って修善寺まで
行き、松崎行きの東海バスに乗っていました。
実に懐かしいです!!
昔は観光バス仕様の車両ですが今はトップドアながら
普通っぽい車両なんですね。
あと修善寺駅の駅弁は昔からお寿司屋さんがやっていてなかなかの評判なんですが昔はサンドイッチがありましてこれがなかなか無駄に(?)美味しくて毎回買って食べていました。
亀次郎さんのおかげで一気に思い出が甦りました。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 09. 12 [Sat] 18:37

Re:

旭屋さん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
私も親父の知り合いが、松崎で民宿をやっていまして、
子供の頃からよく行っていましたので、私も懐かしいのであります。
山深い峠を越えて一挙に下りて行くと土肥温泉ですよね。
風光明媚海岸線を行く西海岸ルートをゆっくりバスで行くのが楽しみでありました。
 修善寺駅名物の鯵寿司は駅構内直営売店で勿論購入し、
上野東京ラインのグリーン車で酒のおともとなりましたね。

 

Edit | Reply |