青春18きっぷの旅。飯田線乗りつぶし。

飯田線313系3000番台
 
 中央本線・小海線と青春18きっぷを利用して、高原列車の旅的な雰囲気を味わっています。
しかしこれからが、「鉄満喫の旅」である、「飯田線乗りつぶし旅」となるのでありますが、
もう鉄に染まっているかもしれない奥さんといえども、飯田線はチョッとディープであることを
奥さんには話してきました。
飯田線313系3000番台の車内

 お腹は、野辺山駅の濃厚ソフトクリームで満たされており、
今の所私も含め奥さんも、小淵沢の弁当は見向きもせず、小淵沢始発の中央東線普通列車にて岡谷に到着し、
ホーム向かい側には、天竜峡行飯田線普通列車313系2両編成が停車しており、意外と席も空いていたため、
この列車に乗車しました。
飯田線駒ケ根駅改札口と窓口

 313系3000番台初期車の車内はセミクロスシートですが、椅子の固さがフワフワで乗り心地が意外に良く、
しかも車内はクロスシート1ボックスを独占できるくらいの車内であるため、奥さんも快適そのもであります。
但し、区間によっては室内灯を消されてしまい、本などが読みづらいので考えて欲しいものであります。
飯田線駒ヶ根駅舎

 さて、飯田線を語ってしまうとブログではなくホームページになってしまいますので、
青春18きっぷとしての思い出のみを記事にしますが、飯田線は岡谷~辰野間は中央本線を走行します。
そして辰野から飯田線にはいりますが、飯田線の特徴は駅間が短く、急カーブや上がったり下がったりする線路、
これは、路面電車的な私鉄路線で、一々集落と集落を結んでいた路線をそのまま国鉄になり、
線路体系もほぼそのルートを踏襲しているためで、次の駅が見えているのに、大回りしていくなどが特徴であります。
駒ヶ根駅前の水車という店で食べた駒ヶ岳セット

 このため、いくら電車の性能が上がっても急カーブや急勾配の連続と、駅間も短い為、
表定速度が上がらないのがわかるのであります。しかしこれが「鉄」には飯田線らしくたまらないのであります。
40パーミルの沢渡・赤木間もあっという間というか、下り勾配であっという間でありました。
駒ケ根駅周辺を散策中に見つけたもじゃ電柱

 一番奥さんが言っていたことは、「飯田線の車掌さんは、車内を行ったり来たりでしかも駅に着くと
きっぷの回収など、よく動いて働くわね」であります。
まあ、殆どと言いてもいいくらい無人駅でありますので、車掌も大変ですが、
ドアの半自動スイッチは運転手が操作していまして、車掌が運転士にブザーを鳴らして
発車するというシステムでありました。
駒ケ根のビジネスホテルからの風景

 さて、奥さん同行であるため、一挙には乗車せず、駒ケ根にてビジネスホテルに1泊としました。
ビジネスホテルまでは、駒ケ根界隈を楽しむべく緩やかな坂道を歩いて行く途中、
「もじゃ電信柱発見!」これはユニークであります。
飯田線213系5000番台

 ここ駒ケ根はソースかつ丼やローメンが有名であります。取りあえずは駅前にて十割そばとソースかつ丼セットにて
奥さん孝行のグルメであります。
 ビジネスホテルからは南アルプスの山々や駒ヶ岳の雪渓が残る山々が見えて、しかも標高680m余りであり、
真夏と言えども空気が爽やかでありまして、やっぱり涼しく感じるのであります。
飯田線313系1700番台は上諏訪行

 翌日はビジネスホテルの朝食後、タクシーにて駒ケ根駅に向かいました。
飯田線の駅としては駅舎もしっかりしていて大きな駅でありますが、駅員がいないであります。
乗客も上り下り私らも含めて10人余りで、爽やかな朝の駅は気持ちがいいものであります。
「飯田線乗りつぶし旅」と青春18きっぷ2日目の旅の始まりは、213系5000番台の天竜峡行であります。
飯田線車窓からも雪渓が見える駒ヶ岳

 どちらかというと313系よりも213系5000番台のほうが乗りたかった形式であります。
それは、2ドアでオール転換クロスシートの座席であり、長距離長時間でもさほど疲れない感じがするのであります。
奥さんもこの213系5000番台は評判がよく、天竜峡駅まで快適でありましたね。
飯田線213系5000番台の車内

 途中の飯田駅では特急ワイドビュー伊那路に使用している373系に出会いましたが、「普通」の表示です。
小さな時刻表で調べると、天竜峡発飯田行き普通列車と判り、折り返しの特急ワイドビュー伊那路2号となるのであります。
なるほどね!
飯田線普通運用の373系

 それにしても急カーブと急勾配の連続ですが、その中でも飯田地域最長の駅間距離3.8kmの上片桐~伊那大島間の
前面展望動画を撮りました。この調子で行くのですから時間が掛かるのでありますね。

[広告] VPS

 天竜峡から乗り継ぐのは同じく213系5000番台使用の中部天竜行です。
天竜峡始発ですが乗り換え時間が10分も無く、すぐに乗換であります。
213系5000番台は天竜峡駅にて乗り継ぎ

この区間は天竜川の渓谷沿いを走る絶景や数々の短いトンネルを通過していく山岳路線は、
これまた飯田線らしい区間であります。
為栗駅から天竜川を望む

 平岡駅は「ここは宿泊と食事と温泉入浴が出来るんだに」という横断幕がユニークで、
「だに」ってここの地方の方言でしょうかね?
飯田線平岡駅のユニーク横断幕
短いトンネルが続く飯田線

 話題の秘境駅小和田駅ですが、車掌さんのアナウンスが「停車時間が短いので撮影はご遠慮願います」というのが、
話題になった証拠であります。取りあえず車内からパチリであります。
秘境駅で有名になった飯田線小和田駅

 長ーいトンネルを抜けると佐久間の水力発電所が見えてきます。
JPOWER佐久間電力所

この列車の終着である中部天竜に到着であります。
中部天竜駅に到着
飯田線中部天竜駅舎

ここ中部天竜といいますと、2009年まで「佐久間レールパーク」なる鉄道博物館があり、
119系の頃に訪れたことを思い出します。何せ乗車券を持っていればタダで見学出来たような覚えがありますが、
¥140とられたかなあ。しかし何となく鄙びた博物館という感じであったことを思い出しました。
今は無き佐久間レールパーク、ここにあった展示車両はリニア鉄道館へと引き継がれています。
特急ワイドビュー伊那路373系

 それにしてもだいぶ標高が低くなってしかも山間の小さな盆地的な所であるため、真夏の暑さの中での
次の列車である中部天竜始発の豊橋行きまで50分余りの待ち合わせであります。
取り合えず駅近くの天竜川を撮影し、時刻表を見るとここ中部天竜で特急同士の交換が見られそうなので
撮影です。
特急同士で交換の中部天竜駅

 やはり特急車両はいいなあ・・・・と、ここは青春18きっぷの割安旅行です。でもいいなあといっても
飯田線の駅を通過しても意味がないですから。奥さんはクロスシートに座れることであればいいそうで、
またまた213系5000番台の快適転換クロスシートと近くの商店で買ったおにぎりを
車内で食べることを楽しみにしているのであります。
中部天竜駅付近からの天竜川

 移り行く車窓と楽しみながら飯田線の旅はこれから「飯田線らしくない区間」へと進みます。
本長篠、新城、豊川と、2両編成は乗客が増えていきまして、しかも豊川からは複線区間となって行きます。
日中でも1時間に4本も走り、通勤路線の飯田線となります。
豊橋駅付近は名古屋鉄道と供用の線路を走る

 そして小坂井駅を過ぎると名鉄との併用区間となり、豊橋駅に到着であります。

何か、奥さんに飯田線の感想を聞くと、「車窓も飽きないし、快適で長く感じなかった」という
意外な答えが!
豊橋に到着した飯田線213系5000番台

 まあ、駒ケ根で1泊したり、通し運転の列車ではなく、乗り継いだこともよかったことの要因であります。
勿論、私も面白かったし、飯田線を乗りつぶせた訳でありますので満足でありました。

 さて、まだまだここから青春18きっぷの旅の東海道線の旅が残っておりますが、
折角のプラス評価であった奥さんの点数が、下がって行くとは・・・・!?

「長ーい!いつまでたっても静岡!」とつぶやいてしまった、青春18きっぷの旅東海道線の旅は
次回の記事とします。

 

 

COMMENT 2

硝子屋店長  2015, 08. 26 [Wed] 11:59

乗り鉄の旅お疲れ様でした。

飯田線に素人の奥様と乗られたとのことですが、鉄道旅好きの私でもあの長さは少々尻込みをしてしまう路線ですね。
乗れば景色など楽しめるのでしょうけれど。
今度チャレンジしてみたいですね。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 08. 26 [Wed] 22:17

Re:

硝子屋店長さん、コメント頂きありがとうございます。
私も流石に1日で走破するようなことは到底無理であります。
しかも鉄ではない同行者でしかも女性ですので、「駒ケ根」という
目的地を置いて、私は時刻表、奥さんは駒ケ根のグルメを調べるといったことが
単なる乗り鉄でないというのが良いと思いますね。
車両も座席がクロスシートで座り心地が良くなったのと、
「1本で行かず、途中で乗り継いで行く」もよかったのでありますね。

Edit | Reply |