あの花に昭和の佇まい。クロスシートで行く秩父

飯能駅に進入する西武4000系
 
 飯能で本場インドのカリー&ナンを味わった後は、飯能始発の西武鉄道4000系クロスシートで秩父に向かいました。

 ご存じの通り、飯能駅はスイッチバック駅であります。
特に池袋から特急レッドアローに乗車したなら、飯能駅からは方向転換です。
座席も方向転換しなければなりません。
西武4000系クロスシート

 まあ、今回は飯能駅から乗車しますのでのんびり各駅停車の旅です。
関東の私鉄で味わえるクロスシート車4000系で西武秩父までの旅であります。
高麗川沿いを走り、私鉄でも長い部類に入る正丸トンネルを抜け、抑速ブレーキを効かせながら
秩父盆地へと下って行きます。晩秋の紅葉も見事であります。
秩父の街並み

 西武秩父駅からは、秩父の地酒を求めてでの秩父の街並み散策であります。

元々、明治・大正・昭和と秩父セメントと秩父銘仙で賑わった秩父は、
ハイカラな建物と、これからの秩父夜祭の祭礼の元は、秩父神社であります。
秩父神社の彫刻

 日光東照宮でも有名な、左甚五郎の作品も見ることが出来ます。
珍達ラーメン店

 アド街ック天国でも放送された珍達(チンタツ?考えすぎ!?)というラーメンが上手いらしい。
秩父駅停車中1000系

 そしてそして、もしかしたら最後のお別れかな?秩父鉄道1000系が遠くに。
あの花

そして、また、話題の秩父が舞台になった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のアニメの聖地です。
あの花ブレンド武甲正宗

 最後は武甲正宗のあの花ブレンドを購入です。あの花ブレンドという特別なお酒で
、大吟醸3・本醸造7のブレンドで飲んだら忘れられない口当たりとノド越しの良さは絶品です。
それなりの価格ですけどね。
武甲酒造

 これから秩父夜祭がありますが、終わった後の秩父市街の静けさというのも違った意味で、
ノスタルジーを味わえる場所かも知れませんね。

COMMENT 0