京急みさきまぐろきっぷで行って来ました。

京急2100形三崎口15年05月
 
 いろんな面で奥さんを連れて二人での泊り旅は難しく、
思いついたのがこの日帰り旅であります。
 先月ですが、奥さんと京急みさきまぐろきっぷで行って来ました。
もう何年振りでしょうか、まだまだ2100形がドレミファインバータでグイグイ走っていた頃ですから、
本当に久しぶりであります。

 さて、京急の乗り鉄も久しぶりですので現在の車両事情はどんなふうになっているかでありますが、
やはりドレミファインバータが聴けなくなったことと、ステンレス車が増えたことでしょうか?!
 あの艶々した赤の塗装が京急のカッコ良さでありましたが、
新1000形ステンレス車は京急の魅力を落としてしまったと私は感じてしまいます。
品川駅3番ホームに進入する京急800形

 そして、一番心配な車両である800形でありますね。もう通勤型での片扉車電車なんて
関東ではこの車両だけとなったのであります。

[広告] VPS

(実は帰りに京急川崎から普通に乗り換えて乗車。
これは乗り鉄動画も撮りました。)

 但し、ステンレスになってもE233や日立社車両のような、デザインだけの固いシートと違い、
座り心地が本当にソファーのようにもてなしてくれる座席シートは好感が持てます。
 しかしながら阪急のように京急も完璧にポリシーを貫いて欲しかったなあ。

 ボヤキはさて置き、さいたまからは上野東京ラインで近くなった品川から京急の旅スタートであります。
奥さんもこの頃は私に付き合ってくれるようになりまして、まともに1本だけで終点三崎口までは行きません。
京急新1000形ステンレス車が増殖中

 まずは、魅力が薄れてしまった2100形は帰りに乗るとして、
都営浅草線から来た新1000形ステンレス快特に乗車し、上大岡下車。
京急600形と1500形 金沢八景にて

 上大岡から600形エアポート急行にて金沢八景まで車端部クロスシート乗り鉄。
金沢八景から1500形特急で三崎口という、これぞ形式にこだわった「乗り鉄」であります。

 奥さんも「違いが判る女」になって結構楽しんでいたのも、さり気無い「鉄教育」が伝わったせいでしょうかね。
実際600形での乗車の際は、車端部のクロスシートを見つけて真っ先に座席を確保してくれました。
三崎口駅に食事処が出来ていた

 三崎口駅もひさしぶりでありますが、駅そば&カフェ的なお店が出来ていて、メニューもまぐろ丼やシラス丼など
この辺らしいメニューがありました。さて利用する機会があるとすれば、まぐろきっぷでない場合かなあ。
京急みさきまぐろきっぷ

 京急みさきまぐろきっぷは、2015年5月現在¥3,060(品川発の場合)であります。
お馴染みのどこがお得なのかを何回言っているか飽きるかもしれませんが、
まともに普通に京急線乗車券が品川~三崎口往復¥1,860に三崎エリアの京急バス例えば三崎口駅~油壷往復¥540に
ホテル京急油壷観潮荘日帰り入浴割引券使用で¥800となります。これでもう¥3,200であります。
まぐろきっぷはこれに指定された食事処25店の中から1店を選んでの食事券が付くのであります。
 まぐろ料理ですから例えば¥1,000とすると¥4,200ですから、もうもとを取れてしまうのであります。
京急バス 三崎口駅にて

 三崎口というか三浦エリアは京急バスもまぐろきっぷで乗車出来て、フリー区間は乗り放題であります。
京急バスいすゞ車

京急バスはいすゞ車が多いのではないでしょうかね。
京急バス車内運賃表示液晶ディスプレイ

車内運賃案内と思いきや、今やフルカラー液晶ディスプレイでの表示なんですね。
ホテル京急油壷観潮荘

 私たちはまずは、三崎口から京急バスで油壷行に乗車。ほぼ20分間隔で走っています。
そして終点油壷バス停から徒歩5分程で、まぐろきっぷ施設利用券でホテル京急油壷観潮荘日帰り入浴であります。
海を見ながらのお風呂は最高 油壷にて

海を見ながらの入浴は最高でありますね。
本数が少ないから時間を合わせればよい

 油壷から三崎港へ京急バスで移動(本数が少ないので注意!三崎口駅行にて油壷入口で三崎港方面に
乗換でもOK。この方が沢山本数あり)して、悩んだすえ1店を選択したお店で食事券を使ったまぐろ料理は、
「三崎港回転寿司さん和」さんでの「特選まぐろ・地魚セット」であります。
まぐろきっぷの特選まぐろ・地魚セット

 本マグロ中トロ3貫、本マグロ赤身2貫、旬の地魚5貫に味噌汁付です。
やはり別料金ですが、軽くビールも頼んでもこのまぐろきっぷは本当にお得なのであります。
いやー、美味しかったの何のであります。「酒が飲める」は鉄道の旅の醍醐味でありますね。
一番搾り横浜づくり

しかも、只今まぐろきっぷ利用者にキャンペーン中なので、缶ビールをプレゼントということで、
一番搾りの横浜づくりを頂きました。ラッキーです!
予算の範囲内に抑えたお土産 三崎産直うらりで購入

 お土産は産直センターうらりで、まぐろすきみと漬けまぐろ2パックやさつま揚げなど¥1,500以下に抑えて。
希少!ドレミファインバータ新1000形201505

 そして、もう満足となっての帰りは三崎口からの車両が、希少編成となった新1000形ドレミファインバータ車とは。

[広告] VPS

勿論、かぶりつき席(クロスシート)であります。(これも乗り鉄動画を撮りました。ドレミファインバータ最後かも?!)

 鉄道も京急ですから、やはり京急みさきまぐろきっぷは、また行きたくなるのでありますね。
流石です!「京急みさきまぐろきっぷ」最高でありました。

COMMENT 0