鉄道のまち大宮・鉄道ふれあいフェア、行って来ました!

2015鉄道ふれあいフェア入場記念クリアファイル
 
 まずは気合を入れて9時過ぎに列に並びました。
早めに試乗会の乗車整理券をゲットしたいためでありますが、ことしも長蛇の列でありまして、
第1回目9:30は終了してしまい、第2回目11:30の整理券配布時間まで大宮総合車両センター内を
まわってみることとしました。
EH500EF81DD13サイドビュー

 今年は妻同伴でありますので、同伴者に気を使いながらということで、
広い車両センター内を一筆書きで回って行くこととしました。
DD13初期型
EF81はくつるヘッドマーク
EH500金太郎

 第1回目試乗整理券が取れなかったため、センターの南側に来ていますので丁度いいかも。
車両展示会場と向かいましたが、今回は何となくパッとしない感じであります。

[広告] VPS

展示車は、DD13-1、EF81-136、EH500-43にC57-180と地味というか渋いというかであります。
 EF81-136は電気が入っておりまして、冷却ファンの音を出していましたね。

 そして鉄道グッツコーナーは、方向幕のロールやカット幕がやはりいい奴は早々と無くなっていまして、
今回は、583系キーホルダーのみ購入。
583系キーホルダー
2015鉄道ふれあいフェアで買った貰ったグッツ

妻は、都道府県PRパンフを次から次へと受け取るので、意外とパンフも重なると思いのですが、
やはりこれも私のリュックへと吸い込まれるシナリオであります。
プラレール遊びコーナーも広い
プラレールもJR車両

 それにしてもまず目立ったのがプラレールであります。
何だかよく見ていると子供よりお父さんの方が真剣に線路を繋いでいて、
子供はというと車両を吟味しているという光景が面白いのでありますね。

HB-E300系

さて、目玉であるハイブリッド車リゾートあすなろHB-E300系気動車は車内見学可となっておりました。

 JR貨物大宮車両所は地味でありながら何となくスタッフの方々がやさしい感じで、
いつも気に入っている所の一つであります。
JR貨物HOゲージ

 鉄道模型運転、グッツコーナーとありまして、EH200は運転室を公開しておりました。
子供にも綿菓子、ポップコーンなどの無料配布もありました。
HD300-1整備中
EH200ブルーサンダー

 貨物時刻表は、何かカレンダーでしょうかセットになっており、
¥2,500はチョット給料日前には響いてしまうので諦めましたが、
妻はEF200形桃太郎キティーストラップを購入であります。
DD51形式大宮センター最終全般検査車両

 JR貨物コーナーを出ると、ピカピカになったDD51-1801の型式大宮最終全検車が展示されており、
先ほどの車両展示車コーナーの車両より何となくインパクトがありましたね。
ミニD51-24系イベント用
ミニ新幹線E5系イベント用
高所作業用軌陸車

 車両部品販売コーナーはそんなに欲しいというものでないので、スルーし、
子供たちの人気となっているミニ新幹線やミニSLの精巧な造りにびっくりであります。
車両パーツ本物版の幌
たわみ板継手

 工場ですので、台車や車輪は勿論、冷房装置などの部品がそのまま置いてありまして、
貫通幌がこんなに纏まっておいてあるのが、模型チックに感じて何となくユニークでありました。
253系(185系になったが)試乗乗車券

 こんな感じでも時間があっという間ですので、第2回目試乗乗車整理券配布11:30分に並び直しました。
そして、無事第5回11:50発に乗車。
253系が185系になった試乗車両

 253系が踏切事故の影響で、急きょ185系になった試乗会であります。
残念がった方々の声もありましたが、全体的にはそんなにみなさん気にしていない様子であり、
私なんかは185系が元々好きですので、気にしてはいませんし、この試乗会は車両よりも、
大宮車両センターで整備した車両を試運転する線路を走行し、
しかも、その試験線路の終点は鉄道博物館付近であるという事なのであります。
試乗車モハ185-4

東武10000系運転士も気になる試乗車185
185系試乗車車内から営業運転の185系が

 試乗車両の車窓もいつもと違った感じで、東武アーバンパークライン10000系運転士も
こちらに視線を送っているように見えますし、
 何と言っても鉄道博物館見学者からの何と言っていいかわからない視線が優越感。
鉄博見学者からの視線
試験線終点付近の鉄博キハ11
あっちもいいなあ運転したい鉄博ミニ車両
大宮センター試験線走行終点の鉄博

 これがこのイベントの試乗会ならではでありますね。まああっという間で試乗は終了しますがね。

 前回か前々回でしたか、あのガスタービン車がカットモデルになって綺麗に復活されていました。
ガスタービン車復活展示

さて、正門の通りに戻ってきましたので、ここで記念弁当を購入して、
食堂兼休憩コーナーでお昼であります。「鉄道ふれあいフェア記念幕の内弁当」です。
おいしかったですね。鉄道ふれあいフェア幕の内弁当
鉄道ふれあいフェア幕の内弁当中身


 さて、今回は車両センターの他に、大宮駅西口ソニック前鐘塚公園や大宮駅コンコースと
大宮駅東口北銀座通りでもイベントをおこなっており、パンフもその箇所のスタンプラリーと
なっております。

 ですが、あの広大な大宮総合車両センターを歩き、また大宮駅東口に鐘塚公園までまた西口へと
50過ぎの中年(初老?)は、暑さも手伝って少々グロッキー気味であります。
スタンプラリーゴール記念グッツ

 何とかスタンプラリーは達成し、記念のSLパズルと鉛筆をゲットし、Wチャンス用紙を投函。
この日の鉄道ふれあいフェアは完了であります。
エア遊具もE7系大宮JACK前

 年々家族で楽しめるというイベントとなってきましたので、物凄い数の家族連れでありました。
ですが、小さい子供でも遊べる「鉄道イベント」になるとは、
昔の我々的な、所謂「鉄」しかいなかったイベントと違い、それに鉄道に興味を持つ絶対数や
女性の鉄が増えて、時代は変わったなあとつくづく感じるおじさんであります。

COMMENT 0