元だけど京急初代1000形白幕車と黒幕車に会えた!ことでん1080形と1300形

琴電1080形元京急1000白幕車
 
 この目的が一番と言っていいかもしれませんが、
京急での初代1000形白幕車が引退してから、もう10年余り。
また黒幕車も5年前に引退したため、「私での京急スタイル」が無くなってしまいました。
京急1000形白幕車京急川崎にて

 京急1000形白幕車(行先・種別表示幕が白地に黒文字)、まあ、冷房改造車ともいいますね。
特徴は屋根上の通風ルーバーの出っ張りが残っていて、ユニット式クーラー搭載の車両。
これが、「ことでん」で出会えるのであります。
琴電1080形仏生山にて

 例によって、譲渡された時代はまだまだ従来の吊掛け車との混結を考慮してでの
主幹制御器や制動装置のことでん仕様に改造されていたり、
あの独特なロータリ式コンプレッサーは普通のレシプロ式に取り換えられており、
走りの迫力さは欠けてしまっているもののこの車体スタイルと室内。特に片扉の窓の大きさ。
琴電1300形元京急1000形の片開き扉

そしてOK台車ではないものの、白幕車の特徴であるTS310金属バネ台車は
白幕車そのものの乗り味が体験出来て懐かしくて感激ものであります。
京急初代1000形カツミ製

 写真は、所有のHOゲージ京急1000形冷房改造車でTS310台車であります。

さて、この元京急初代1000形は後期型の黒幕車(行先・種別表示幕が黒地に白抜き文字)、
まあ、後期増備型ともいいますか、所謂モータ出力が75kwから90kwに出力アップし、空気バネ台車、
冷房も集中式クーラーが標準装備のスタイルという最後まで残った初代1000形も、
ことでんで出会うことが出来るのであります。
ことでんフリーきっぷ

 ことでんを乗り鉄するには、このフリー乗車券がありますが、
これも京急1000形ことでん1300形のコラボデザインのきっぷであります。
琴電1300形元京急1000形黒幕車高松築港

 ことでん1300形は性能を改造されることなく、ことでんにやってきました。
主幹制御、制動装置もそのままでありますので、乗り味も走行音もそのままであります。
 ですので、同じもと1000形のことでん1080形とは併結が出来なく、
長尾線専用での仕様となっています。
琴電1300形元京急初代1000形黒幕車仏生山にて

 子供の頃から見慣れたというか、この頃はこの形だらけであった京急スタイルそのものの車両である、
元京急初代1000形に両方会えるのも、ことでんならではでありますね。
琴電1080形

 ことでんは語りつくせませんので、飽きてしまうかもしれませんが、
元京急2代目600形にも面影が残っている車両に出会えました。
次回の記事に致します。

COMMENT 0