遠地出張山陽在来線編

JR西日本従来カラー115系
 
 山陽新幹線のみで出張する場合が最近少なくなってきています。
広島や岡山で在来線に乗り換えて行くパターンが殆どであります。
例えば岩国ですと、山陽新幹線の新岩国駅からでは、出張先までのアクセスが悪く、
在来線であれば、駅から徒歩やワンメータで行けるというものであります。
吉備線キハ48

 まあ、ここまでプライベートでは旅費が掛かりますが、何しろ会社の出張です。
中々こんな所まで来られませんので、関東では見られない車両を写真に収めたいのであります。
山陽カラー?115系原型に近い

 やはり出張ですので、本格的なカメラ持参は無理であり、
チョットした乗換や待ち合わせ時間でのスナップ写真となるので、
携帯電話での撮影となるのは当然の話であります。
岩徳線キハ40

 そんな訳で、本当にスナップ写真となりますが、最近の携帯は結構よく撮れるのでありますね。
序に錦川鉄道線も岩国宿泊大竹まで行く途中にスナップ。
錦川鉄道

それにしても、JR西日本様は、リニューアルされていると思えど、
国鉄型が多く現役であるのが、関東にはないのであります。
 これほどの国鉄型にあえるのは、JR西日本ならではでありますね。
広島地区で乗車した115系の車内

広島地区を走っている115系は、なぜこのような何とも言えない黄色1色になってしまったのでしょうか。
 車内のリニューアルも絶対関東にはない転換クロスシートには、乗る楽しみが湧いてきます。
広島駅駅そばならぬ駅うどん

駅そばも、汁まで楽しめる味にも関東にはない感覚でありますね。
メニューに「広島レッドうどん」だったかありました。

 さて、岡山乗換の児島という所まで行って来ました。
次回はJR四国編を記事にします。

COMMENT 2

鉄乃助  2015, 04. 04 [Sat] 22:47

亀次郎さん、今回もお邪魔します
JR西日本広島支社は国鉄型車両がほとんどを占めている為「國鐡廣嶋支社」なんて呼ばれています。
最近は地域に見合った一色塗装にすると表向きには言っていますが、実際には塗装経費削減の為に気動車はすべて朱色5号に、電車は北陸が青、京都は濃い緑、中国地域は濃い黄色になったそうです。
我々西日本のファンは緑を「抹茶色」黄色はまっ黄色であることから「末期色」なんて呼んで揶揄しています。
広島地区にはこれから227系という新車が投入されるので、115系もあとどれくらい持つか?といったところです。

Edit | Reply | 

亀次郎2  2015, 04. 05 [Sun] 18:51

Re:

鉄乃助さん、コメント頂きありがとうございます。
なるほど!皮肉った感じがおもしろいですね。
大規模なリニューアルを行って、国鉄型を現役にしている
JR西日本様には、我々国鉄ファンはたまらなく熱い思いでありますね。
乗車してわかる国鉄型の乗り心地を味わえるだけでも
羨ましい限りであります。
 あの227系の赤は地元のプロ野球球団のカラーでしょうかね。
出張した際に、広島地区ダイヤ改正の小冊子に「新白島駅開業」などと一緒に
載っていました。
 10年前などは103系が快速運用に山陽路を走っていましたが、
現在は見かけなくなり、寂しくなりました。

Edit | Reply |