大宮駅開業130周年記念だけど、100周年きっぷ。

国鉄大宮駅開業100周年記念入場券

 最近悩むことも色々あり、もうやけになってハードな仕事を引き受けていまして、
鉄でのイベントをすっかり忘れていました。
 何しろ遠地出張続きで疲れがピークで、家でゴロゴロしてNACK5を聴いていました所、
JR大宮駅開業130周年記念イベントが、駅周辺で開催するとのことであります。

 そう言えば、時刻表の記念きっぷコーナーに記載してあったことを思い出しましたが、
最近は鉄道ファンの絶対数が増えて、朝から並ばないと手に入らなくなった「記念きっぷ」。
もう、ラジオで知った時間は午後1時であり、当然手に入らないとわかり諦めましたね。

 とはいうものの、開業130周年ではなく、100周年の時に手に入れた記念入場券があり、
しかも国鉄時代の東京北鉄道管理局発行のものであるものを持っていることも、
すんなり諦められたことの理由であります。
大宮駅開業100周年記念入場券見る角度で

 130周年記念入場券も新幹線が中心のデザインでありますが、
私が持っている国鉄時代の100周年記念入場券も、今は懐かしい200系新幹線であり、
100周年を迎えた1985年3月16日は、上野まで延伸して2日後という時代であります。
大宮駅開業100周年記念入場券見える角度で今昔

 100周年のものも結構凝っており、何レンズでしたか名称を忘れましたが、
見る角度によって図柄が変わり、開業当時と新幹線時代の両方を楽しめるというものであります。
 記念きっぷコレクションの中でも結構気に入っているものなのでありますね。

 「鉄道のまち大宮」に住めて(旧大宮市だったもので今はさいたま市ですが)
鉄道ファンとしても、何となく私自信誇らしげに感じるのもいいものであります。

 150周年になった時に記念入場券をゲット出来ればなとも思って、くよくよしないことを
自分に言い聞かせながら、妻の足となってでの、近くのスーパーに買い物に行きました所、
 やはり大宮駅130周年記念のイベントとして「全国有名駅弁コーナー」があり、
「米子駅の駅弁、さば寿し」を購入。
近所のスーパーで買った駅弁のさば寿し

これで、今晩1杯飲みながら、大宮駅開業130周年をささやかに祝おうと思っている次第であります。

COMMENT 0