FC2ブログ
181系12両編成ホーム延長完了1812
 
 12両編成の181系を余裕で停まれるようにすべく、
鉄道模型Nゲージのホームを1区画延長しました。

 今までは所有の651系11両編成を余裕で停車出来るようにと
数年前に延長しましたが、
その上を行く181系12両編成ということで、なるべく屋根があるホームに停車出来るようにと
1区画加えて延長しましたが、取りあえず突貫工事であるため、
地盤を平らにすることは諦めました。



 181系12両編成のホームから発車し、停車の動画も撮りました。・・・・が・・・・?
このホーム延長工事、
また入線する車両がありまして、購入済みであります。

 勿論現存しないですが、181系特急ときとくれば、急行・・・・・!
13両編成に対応すべく準備工事であります。

 本当は記事にアップしようと思っておりましたが、
室内灯取付は勿論、
サボ(種別名、愛称名、側面行先方面、号車番号)を14両全部やっていましたら
1日掛かってしまいましたので、 
近日記事に致します。

秩父夜祭臨時列車の思い出

秩父鉄道に乗り入れた165系
 
 12月3日といえば埼玉県の観光地である秩父で秩父夜祭があります。
日本三大曳山の中に入り、この日を目当てに多くの観光客が秩父を訪れます。

 私の時代の秩父夜祭と言えば、国鉄時代もそうでしたが、
JR東日本となっても臨時列車がありまして、
上野から熊谷経由で秩父まで直通運転する、秩父夜祭号があったのであります。

 私が乗車したのは165系の何といいましたかモントレー色じゃないかもしれませんが・・・・。
思い出が残っております。

 こんな写真ですが、秩父鉄道の秩父駅に到着して急いで撮影したものであります。

まだ熊谷駅構内では、JR東日本と秩父鉄道の線路が繋がっているそうで、
復活してくれないでしょうかね。

 今年は宵宮は日曜日でしたが本祭りが月曜となり行きませんでした。
休暇とって来年は行きたいものであります。
弊ブログにご訪問された方や私からご訪問してリンクをお願いしたりして、
弊ブログにリンクさせていただきましたが、
「一年近く更新が無い」貴ブログ様。
申し訳ないですが、リンクから外させていただきます。


ご連絡頂ければ復活もあります。
何卒よろしくお願い申し上げます。
小田急2600形レイアウトデビュー
 
 M社の小田急2600形改良型を購入して、室内灯や連結器など取付取換えての試運転は済。
やっと我がレイアウトも久しぶりに整備して、やっとレイアウトデビューとなりました。



 まずは単独でいつものようにスケール速度で走行です。
このギクシャクしない安定スケール速度走行が、我がレイアウトの持ち味であります。

M社小田急2600形と鉄コレ1800形とコラボ



 これまた鉄コレの第何弾か忘れましたが、ロクサン型配給車の小田急1800形とのコラボです。
まあ、この2600形のモデルとは同時期では無いかもしれませんが、
イメージ的に小田急顔と小田急カラーということでお許しを・・・。

M社小田急2600形とT社初期ロットLSEとコラボ



 何と言っても小田急と言えばロマンスカーですが、
今ではチョット見劣りするかもしれませんが、我が鉄道模型では現役のT社初期ロット品のLSEと
コラボ走行であります。

 久しぶりって何回記事にしているかわかりませんが、
小田急2600形レイアウトデビューでのゲスト出演者はチョット古かったかなあ?・・・・。
西武園線西武園2000系1810
 
 西武鉄道に初めて乗ったとする記憶は昭和42年頃であります。
片扉でリベットヘッダーの車両は吊掛けとわかりますが、
この頃の西武線は両開きでノンヘッダーで国鉄101系を3扉にした側面に
湘南顔を一枚窓にしたような近代的なスタイルにもかかわらず、
乗り心地の悪い吊掛け駆動だったことがよーく覚えております。
西武園駅から遊園地観覧車がはるか遠くに見える

 父親に連れてってもらった西武遊園地やユネスコ村も覚えておりまして
西武新宿線系統は昔から馴染深いので、親戚のあった池袋線系統と合わせて
全線乗車していたと思いきや、乗ったことがない支線があったのであります。
西武園駅全景1801

 それは東村山・西武園の西武園線であります。
ギャンブルが嫌いだった父親でしたので乗らなかったのか、
私も未乗車区間だから乗りに行こうと思えばいつでも乗りに行けると思って早50年も経つとは・・・

 というのも知り合いのやぶ用で偶々その家の最寄りの駅が西武園であったので
今回西武線の未乗車区間であったこの路線が偶然に機会が訪れたという訳であります。

 東村山駅で乗り換えようと西武園線乗車ホームは、国分寺線と同一ホーム上とはこの時知りました。
南側が国分寺線ホームで途中線路が切れていて車止めがあり、北側が西武園線のホームとなっていまして、
お馴染みの新2000系4両編成クモハ、モハ、モハ、クハと3M1Tと最近この編成をよく見るようになりました。

 東村山駅を発車して左カーブしながら勾配を登って行きます。
そして3M1Tですので2.4Kmを3分の乗車時間で終点西武園駅に到着です。
西武園駅駅舎構内

西武園競輪場のための駅は最寄りにあるため開催日の多くの利用者のために
広大な駅舎スペースがありますが、
駅前には整然とした1戸建て住宅街となっており、知り合いのやぶ用が済んでからは、チョット取材モード。
西武園駅競輪場側1810

狭山丘陵の入口である感じが住宅街から西武園駅に向かってチョット見下ろす感じの遠くのビル群が見えるのであります。
西武園駅の駅名はこれではないそうですが西武園競輪最寄り駅

 西武園駅は島式ホーム1面と対向式ホーム1面の3線2面となっておりまして、
8両か6両か?4両編成の電車だとチョット勿体ないくらいであります。
西武園駅からビルが見える

嘗ては西武新宿から直通急行があったのですが、数年前に東村山駅で脱線事故があったらしく
それ以来「完全支線」と区間運転となったそうであります。

 子供の頃の私の記憶ですと、東村山駅に停車している701系4両とか401系2両とかもそうですが、
西武園行きのイメージは赤電の1411形と451系の2両編成が一番印象に残っております。

横田基地貨物線は拝島駅付近


横田基地貨物線と西武拝島線クロスポイント
 
 さてここまで来たらもう一つ未乗車区間ではないのですが、
新交通システムになった山口線には乗ったことがありませんでしたので、多摩湖・・・
いや西武遊園地まで向かうことに・・・。
西武拝島線拝島駅1810

と言いながらまともには行きませんし、
久しぶりの拝島線で拝島まで行き、横田貨物線クロス部分を一目見て折り返して、
萩山にて西武遊園地までは、伊豆箱根カラーの新101系にてと、子供の頃の記憶を懐かしがって到着です。
西武遊園地駅101系伊豆箱根カラー1810

 西武山口線は勿論「おとぎ電車やコッペル蒸気機関車」の時代はよく乗りましたが、
レオライナーになって初めての乗車であります。
西武山口線西武遊園地駅1810

普通の電車と新交通システムが同一ホームで乗換出来るのが不思議な感覚ですが、
レオライナーの感想は思ったより結構鈍足であります。
おとぎ電車の蓄電池車が引く客車の頃の方がスピードを出していたような記憶・・・・!?
ですが、コッペルと比べた子供の頃の乗車感覚がそう感じさせているのかなあ・・・。
西武山口線西武遊園地駅1810

 廃線ファンがみれば随所に残っている旧山口線跡があるそうですが、
わかりませんでした。
西武球場駅改札口1810
 
狭山湖駅・・・いや西武球場前駅よりもっと西側にユネスコ村駅があったのでこの廃線跡もあるのでしょうね。
西武狭山線西所沢行き20000系銀河鉄道999は1810

 埼玉西武ライオンズの試合が無い西武球場駅のこの広々とした構内は、
違った意味で新鮮でありますが、ここから狭山線、池袋線、JR武蔵野線にて
むさしの号に乗車して帰路に着きました。
むさしの号大宮行き新座にて201810

 という訳で、これで西武鉄道全線乗車コンプリートとなりました。
メデタシメデタシであります。